「私達の山旅日記」トップへ
日留賀岳の森 写真集
平成24年5月17日 撮影
小山氏宅駐車場〜日留賀岳1849m・(往復)

孟宗竹にしては細身です
まず、小山氏宅登山口から美しい竹林をなだらかに進みます。

中間層はカエデ類やネコシデなどです
標高約1050mを越えるといよいよブナ林です。

標高約1500mの山稜です
明るい山稜の森。ブナの巨木が目立ちます。(標高約1500mの山稜)

前方に日留賀岳の一角が見えてきました
ミズナラの巨木も目立ちます。林床はネマガリダケです。

背が低く葉縁が白いのがミヤコザサ:節に丸みがあります
こちらの林床はミヤコザサのようです。

徐々に亜高山性の植生になってきます
これもミズナラの老木。ツガやアスナロやトウヒなどの常緑針葉樹も目立ちます。

トウヒの球果は垂れ下がっています
これがトウヒ(マツ科)です。球果(松ぼっくり)が残っていました。

日留賀岳の山頂目の前だ!
山頂近くの稜線はとても明るくて、
背の低いコメツガ、ヤマグルマ、アカミノイヌツゲ、ハイマツ、ネマガリダケなどの
亜高山〜高山性の植生です。


山行記録
インデックス
「塩水橋から丹沢山の写真集」へ「編笠山から権現岳・写真集」へ



ホームへ
ホームへ

ゆっくりと歩きましょう!