桜鮎とは奈良吉野の千本桜に因んだのか、天然遡上で25センチ以上になった
吉野川の鮎のことである、 上流のダムの建設で大量のコンクリートのあくが流
れ、川底は赤茶色に変わり鮎の育たない川となり、一時は死んだ川になってた。
ここ数年水が綺麗になり鮎が育つようになり昔の吉野の賑わいを取り戻そうと地
元の企業が立ち上がり運動を始めそのイベントの様子、必ず復活しそうな雰囲
気でした。

多くの著名人の中、のぼりこクラブから、村田満、塚原、藤田護各名人が参加

吉野川漁協
    当日の様子が詳しく載ってます。

この画像は村田名人が1回戦で取り込んだ27センチの鮎の検寸です

画面上でクリックしてください、村田名人の動画が見れます。

クリック

多くの著名人と、のぼりこクラブから村田満、塚原、藤田護各名人が参加しました。