2013年07月27日 ”次郎笈〜剣山”

行場が仄かに灯り出せば、霊峰・剣山の夏がやってくる


早々と梅雨が明けたというのに、お天気はなかなかすっきりしない

そのうえ、異常なほどの厳しい暑さが続き、お盆が来る前にダウンしそうです

高いお山に逃げ出したいのはやまやまなれど、毎日という訳にもいかず

お天気を見計らっての、週末避暑登山です

今日は、あの可愛い花を見に剣山へ〜〜〜♪

午後からお天気が下る予報なので午前中勝負と、5時に自宅を出発

見ノ越に着くと肌寒く、空が怪しい 傘も持っているし、雷さえ鳴らなければ心配無い

それより凍らせてきたペットボトルのお茶は融けるんかしらん

あれこれ思いながら準備して、出発〜

見ノ越(7:00)〜(7:40)西島(7:50)〜(8:05)大剣神社〜(8:30)次郎笈峠〜(9:00)次郎笈〜(9:50)剣山頂上
ヒユッテ(10:20)〜(10:40)両剱神社〜(11:10)刀掛ノ松〜(11:25)西島〜(12:10)見ノ越  (5時間10分)

 

剣神社にお参りして、登山道に入ってゆく

少し風も有り、ブナ林の空気が爽やか〜 間者牢の大岩を過ぎ、山頂を眺めたら厚い雲 あらら

西島で小休止後、大剣道へ 鳥居手前のナンゴククガイソウが真夏を謳歌している

目の覚めるようなグリーンが広がるテンニンソウのお花畑の側を歩いていると

嬉しいことに、雲間から日が差し出した



西島から15分程で、大剣神社  ご神体の御塔石が青空に映える

やっぱり、午前中は好いお天気よ〜♪

神社から御神水の側を通って遊歩道に下りてゆく



遊歩道から見上げる御塔石 まるで恐竜が天に向かって吠えているようだ

二度見展望所から眺めた時は、黒雲に覆われていた次郎笈も

峠まで来ると、雲が消えまた青空が広がって来た〜♪



西から、次々と雲が湧き上って来ている

山頂にかからないうちにと急いだけれど、雲の方が足が速かった

ジャンクションピークで辺りは真っ白(ガックリ)

そのうち退くかなとの期待も空しく、雨もパラパラ



展望の無い次郎笈を後にして、剣山へ向かう

まぁ、カンカン照りより涼しくて良いけれどと、登り返していたら

「アレー、お久し振りで〜す」 山頂手前で、一万尺クラブの方にバッタリ 

今日は同級会で、下山後お楽しみが待っているそうだ いいですね〜

 

山頂ヒユッテ前のお花畑 キレンゲショウマも薄っすら色付き間もなく開花しそう

おうどんを頂きながら行場の様子をお聞きすると、まだ1分咲きまでいってないとの事

やっぱり8月に入らないとだめですねぇ

休んでいる間にも関西の方から宿泊予約の電話が入っていたから、来週あたりは賑わいそうだ

ヒユッテ下の分岐を右に取り、尾根から逸れて行場へ下る
 


分岐から10分強で、刀掛ノ松からの登山道と合流  行場へ下ってゆく

此方の道沿いのキレンゲショウマは減ってしまい、残っているものも堅い蕾

3週間振りの両剱神社  神社で休まれていた方は一ノ森へ向けて出発された



三十五社が祀られたピークを越え、下りて来たところの大岩を見上げれば古剱神社

ヒメフウロの群生も楽しみにしていたが、パラパラとしか咲いていない

健気に愛嬌を振りまく「行場の姫」 可愛い〜♪



登り返してゆくと、クリームイエローの蕾をたくさんつけたキレンゲショウマが谷を埋める

さわやかな 月光の花は 凛として 気高い  (宮尾登美子)

「天涯の花」ですっかり全国区になった剣山の宝 やっと蕾が綻びかけた今日は、貸切でした



谷を上りきった所に、一方通行の看板が立つ(左に進めば先程歩いた両剱神社に至る)

登山道を右に進み刀掛ノ松に向う途中、数人の方と擦れ違う 皆さんキレンゲショウマがお目当てのようです

刀掛ノ松から頂上方面を振り返ると、雲海荘や稜線が見えている

午後から下るとばかり思ってたけど、朝より断然良いお天気じゃん

 

西島まで下りて来ると、団体さんが列をなして上って来ている

リーダーの方が到着した人をチェックしながら 「・・・20人・・・○○さんと××さん、2人おらんけど・・・」

大人数だとリーダーも大変、無事に下山するまで気を遣うだろうなぁ

 

たくさんの人とすれ違いながら、のんびり下りてゆく

そうそう前回はウエストを測らなかった、お気に入りのブナ

側まで駆け上がり触ってみると、肌が艶々として樹に勢いがあります

ところが、いざ測ろうと思ったら肝心のメジャーが入っていません

何としたこと・・・急遽、予備の靴紐を繋いで幹に回し計測です

下山したら、すっかり青空〜♪ 日差しが強くなった中、帰路に着きました

帰ってから靴紐の長さを確認すると、3m50cmでした

今まで靴紐が切れて予備を使った事は無かったけど、意外なところで役に立ちました

歩いた道  ホーム