まノ人

ちん歩行隊がゆく、近畿の最高峰へ
弥山・八経ヶ岳
2008年7月6日(日)
 早朝5時に伊那佐文化センターへ集合した4人。
 ドライバーは
上チンさん。雨女の横チン(♀)さん、雲男(雨男)落チンが心配した天候は大丈夫。自称、晴れンチ男である合チンさんの効力なのか、青空が見えていた。
 今年は晴れ間のオオヤマレンゲに期待大!
 
午前6時半過ぎにトンネル西口へ到着!しかし凄い車の数・・・。

鮮やかなアジサイに白く目立つヤマボウシの花

最初におなじみの三角橋を渡っていく。

枯れ葉の下には・・・青。西大台でも遭遇したオオダイチン○ミミズ!
正しくは「シーボルトミミズ」と言うらしい。
G教授によると「ナニがシーボルト並みの大きさ」とのこと(笑)。デマでしょう。

前世が蠅だっと言われる某おやじさんの天敵もいました。

ガングリオンの木を見ながら急登
奥駆道と合流。ホッと一息。

ヨコちんさんに似た女性の顔が写っていた。ちょっと怖い(笑)。

弁天の森で時計草さんと出会う。
囲炉裏のメンバー

まだ蕾のショウキラン

目指す山頂がクリアーに!

HPで見てますという声も・・・。

銀竜草

開いていたショウキラン

苔ちん(命名by G教授)

遠くのモッコリは稲村岳方面か。

バイケイソウの恥じらい度チェック中

 奥駆道の出合から聖宝の宿まではアップダウンの少ない歩きやすいコースだ。
 毎年歩いても飽きが来ない風景。
 今年は特に晴れているので余計に鮮やかな気がする。
 ギンリョウソウやショウキランも足元に注意すれば出会える。
 G教授は花のチェックを怠らない。先頭を歩きながら熱いまなざしで「花びら」や「しべ」を観察し、じっくり考える。
 誰も教授の邪魔はできない。気づけば人気のコースは渋滞が続いていた。


 何度か道を譲ったり譲られたりするうち、名前も知らない登山客と顔なじみになっていく。それもまた楽しい。
 ただ、モクモクと登るだけではスネーク・・・いや、スモーク(煙)。
 色んなことを楽しみながら山を登りたい。

毒のあるバイケイソウも、蜜を吸うのは有り!?
頭が高い!

大自然に癒されるチン歩行隊

大普賢もっこり山脈を振り返る

桧塚みたいな場所

セクハラ満開のG教授(ゴウちん)

「オニギリ?」 「いえ、デジカメです」

スネークG「ヘビーだぜ!」

弥山のシンボル・フクロウ

弥山へ到着!

晴れている八経ヶ岳を望む

「チン歩行隊」全員集合!はい、チーン!

天河弁財天社奥宮
G教授の「H地雷度(恥じらい度)チェック!!」

診察を待つ乙女たち(笑)。

緊張し過ぎているのかな?H90%

ぽっ、君、きれいだね。H80%

ぎやぁ〜っっ、測定不能!ちぇんじー

閉じても・・・羞恥心はないのか?H0%

恥じらい過ぎだね。でも、うなじが綺麗だよ。

ま、眩しい。きみ、波平級の輝きだよ!

急接近

青空の下、天女の微笑み

H度ジェロ!演歌を歌ってなさい。

美しいと、もう虫がついている。oyaji蠅

花輪くんだよベイベー

H50%、でへへへへへ・・・

薄紅色に染まる乙女

本日のGチェックは終了しました。
  
今年も大勢の人で賑わう山頂。注目を浴びながら記念撮影(笑)。アゲハ蝶も近畿最高峰へ!アゲちんと命名し、入隊許可する。

新入隊員を優しく見守るヨコちん&ゴウちん。

しかし、アゲちんは大空へと旅立っていった。「ちん」の心を忘れるなよ!(なんや、それ)


こんなに混雑する山頂では落ち着かないので、弥山で食事をすることに。
 
G教授、セクハラ・ソーセージでっせ・・・(笑)。

ヨコちんさんのおパインを頂く

ティータイム
(ハブティー!?)

あれ、あの集団にクーラーボックス・・・。
あれを持って山を登ったのか?

美しい自然に心を洗われながら、下山して行こう!

  
万歩計の忘れもの。ヨコちんさんはそれを題材にして下ネタを言ったが内容は伏せておく(笑)。

  
見ていて飽きない自然のデザイン
山の魅力は展望や花だけではない。登山道で見る様々な自然が素晴らしいのだ。

上ちんさんのスピードに付いていけず、合・横・落の三ちんは尻もち突きながら時間をかけて下山。
入乃波温泉で汗を流して帰る。上ちんさん、行き帰りの運転、柿の葉寿司を有難うございました。
また、ちん歩行隊を結成しましょう!
戻る