尾瀬




尾瀬 

2013年10月12-14日 コース 鳩待峠-見晴-燧ガ岳-長英新道-尾瀬沼-見晴-山の鼻-鳩待峠  メンバー 山セミの会 1名

oze

一日目は天気がよくなく、蛇紋岩がぬれていると滑りやすいので至仏山をあきらめて燧ヶ岳へ。見晴キャンプ場にテントを張って、台風で土石流で荒れている見晴新道を登り、リスク回避のため長英新道で尾瀬ヶ原からぐるっと廻っての山行でした。

oze1

見晴新道は写真では分かりにくいですが、かなり荒れていて、上りは大丈夫だと思いますが、下りはウエットな状態だとかなり滑りそうな感じです。

oze2

見晴新道その2

oze3

二日目の朝には雨もあがり天気が回復して、尾瀬は観光客の大渋滞。振り返ると燧ヶ岳の頂上は初冠雪していたようで、白っぽくなってました。前の至仏山の山頂にはどんよりと した雲がかかっていて、昼から雨になりそうだったので登頂をあきらめ山ノ鼻で早々に爆睡。

oze4

三日目は日の出前に出発して、朝日で輝く尾瀬ヶ原の全景を楽しみました。三度目の尾瀬で、始めて尾瀬ヶ原の全景を眺める事ができて、とても良かったです。次は初夏のお花の時期にきたいと思います。






トップページへ