2015年2月 氷ノ山

日付 1月31日(土)〜2月1日(日)
登った山 氷ノ山
天候 31日:雪、1日:雪
参加人数 4名
ルート 31日(土):スキー場からリフトを2つ乗り継いで12:20東尾根登山口→13:55東尾根避難小屋到着(幕営)
01日(日):東尾根避難小屋8:20→11:00神大ヒュッテ手前で引き返す→12:45東尾根避難小屋→13:30東尾根登山口
  

天気予報通りの芳しくない天候。
土曜日の朝、梅田に集合し、氷ノ山国際スキー場駐車場からリフトを2つ乗り継ぎ、東尾根登山口から登山開始。
最初から急登が始まり、アイゼン装着なしで1時間半かけて東口避難小屋に13:55到着。この避難小屋の土間に6テンを張って一夜を過ごした。
2日目は、氷ノ山に向け8:20に東尾根避難小屋を出発する。途中、Kさん一人避難小屋に引き返し、3人で前進することにする。膝まで埋まるくらいの雪がありスノーシューを持ってくるべきだったと後悔する。往路では、先行して行った2人組みのパーティが引き返してきた。復路では、単独のスキーヤーと3人組みのパーティと出会したが、人の少ないところだった。結局、神大ヒュッテ手前あたりで、トレースもなく視界も利かない、膝までのトレースが続くということで引き返すことにした。(N.T.)


東尾根登山口

避難小屋までは急登の連続

東尾根避難小屋到着

6テンを張った土間

勇敢な登山者のテント(左下)

膝下まで埋まる雪

真っ白

樹氷をくぐる

赤テープを見つける毎に安心する