2014年9月 谷川岳、武尊岳

日付 9月13日(土)〜9月15日(月)
登った山 谷川岳、武尊山
天候 13日:曇時々晴れ、14日:晴れ時々曇り、15日:曇り
参加人数 8名
ルート 13日:西黒尾根登山口(7:45)~トマの耳(11:50)~オキの耳(12:10)~トマの耳(12:30-12:50)~天神平15:00~ロープウェイ
14日:武尊神社(6:45)~分岐(7:30)~手小屋沢避難小屋分岐(8:45)~武尊山(11:10-11:40)~剣が峰(13:15)~分岐(15:50)~武尊神社(16:20)
15日:裏見の滝鑑賞~宝川温泉~帰阪
  

久々にお天気に恵まれた連休、上越国境の百名山二山をそれぞれ日帰りで登り、下山後は温泉&宴会で3日間みっちり楽しんできました。 しかし、大阪からは遠かった~

13日 谷川岳
日本三大急登と言われる西黒尾根にチャレンジ。
登山口からいきなり急登!前半の樹林帯は展望も無く淡々と登ります。
2時間ほどで樹林帯を抜けると左右ともに開けたやせ尾根へと変る。
岩の尾根道は高度が上がるほどに傾斜がきつくなり、さすが三大急登だな~と思わせるが展望が素晴らしく、適度な岩場・クサリ場もあって楽しい。
又、この時期でもたくさんの花が咲いていたのがうれしい誤算であった。
寝不足での西黒尾根は相当キツイと覚悟していたが、それを忘れさせてくれるとても魅力のあるコースであった。
4時間かけてトマノ耳到着。
山頂付近は日本海側からのガスがひっきりなしに湧いてきており、スッキリしない、寒い・・。
それにロープウェイ側から登ってきた人の多いこと、多いこと・・ちょっとこの人の多さにやや興ざめ、谷川岳の魅力半減かな~ロープウェイ廃止切望します。
でも、下山は天神尾根からロープウェイを使っちゃいました。スミマセン。

14日 武尊山
武尊神社から周回ルート
谷川岳のついでに登るという位置付けだった武尊山、登ってみて評価が一変。
とにかく山頂からの展望が素晴らしい。
特に武尊山から剣が峰へ続く稜線が美しく、写真を何枚も撮ってしまった。
2週間後の紅葉はすごいだろな~
しかし、それとは引き換えに登り下りは谷川岳に負けず厳しい難コースであった。
特に剣が峰からの下山路は相当な悪路(濡れたガレ場、浮石、木の根、粘土質)かなりダメージを食います。
絶景を見るにはそれなりに苦労しなければならないということですね。(M.K.)



鎖場

頂上が見えてます

西黒尾根、開放感あります

ガスに煙るオキノ耳

天神尾根を下る

武尊山より剣が峰

武尊山より前武尊

武尊山山頂にて

裏見の滝