2014年6月 日和田高原

日付 6月28日(土)〜6月29日(日)
登った山 木曽川水系飛騨川源流、神通川水系小鳥川源流
天候 28日:曇り後雨
29日:雨後曇り
参加人数 4名
ルート 両渓谷とも国土地理院の地形図に名称の記載なし、両渓谷とも本流出会いから源流域迄
  

当初予定していた渓に入ってみたが、枝谷の下流域は昨年の豪雨で、好ポイントは土砂で埋まり、岩魚の生息には不向きな状態に成っていました。下流域パーティーは沢降りを楽しんだのみ。 源流域パーティーは先ず先ずの釣果でした。荒れた渓では楽しみも半減なので、急遽場所を神通川源流域に変更しました。
2日目、本流の中流域に入ったパーティーは先ず先ずの釣果。枝谷源流域へ入ったパーティーは大漁でした。
1日目の岩魚は骨酒・塩焼き・燻製にして賞味しました。2日目の魚は各奥様方へのお土産に・・・。
釣りを楽しみ、渓谷美を楽しみ、フィトンチットとマイナスイオンで癒された2日間でした。
2日目の釣果:源流域班は、Htさんが4尾、Ikさんが5尾。下流域班は、Nkさんが1尾、Mmが1尾でした。
2日目の釣果:本流中流域班は、Htさんが3尾、Ikさんが3尾。枝谷源流域班は、Nkさんが10尾、Mmが14尾でした。(S.M.)



忍び足で竿を出す

苔むした渓谷

始めて釣った岩魚を・・・

オォ~美味

この味は・・・

捕れとれの岩魚の味は格別

2日目の釣果

2日目の釣果

唐松の松ぼっくり(松笠)で~す