2014年2月 愛宕山

 
■日付 2月2日(日)
■登った山 愛宕山
■天候 晴れ
■参加人数 9名
■コース 8:40阪急嵐山駅(バス)⇒9:40清滝(表参道)→11:30水尾分かれ→12:00愛宕神社→
13:20水尾分かれ→14:00嵯峨水尾→15:00JR保津峡
   

前日の天気予報では、午前中雨とのこと。
「今回も中止だろう」という皆様の予想を裏切っての山行実施である。
嵐山駅で雨合羽等の準備をしつつも、雨は殆ど止みかけの状態。
愛宕山登山口から登る道は霧が立ち込める少し幻想的な雰囲気であるが、
残念ながら雪はない。
途中「ここは○○丁目です。」と行程の目安の看板が出ているが、
わりといい加減らしく、まだまだ先があることを知ってがっくり。
次第に暑くなってくるが、休息のために停止すると、
やはり真冬だけあって一気に冷え込んでくる。
が、Kさんの身体からは蒸気が白くもうもうと立ち上っているのが見えた。
相当発熱しているらしい。

神社の山門をくぐると頂上までもう少し。
雨は止んでいたはずなのに、周りの樹木から大粒の滴が上から降ってくる。
頂上の境内あたりは少し地面が凍っていたり、一部雪が残っている。
いつもは本殿の一番手前でしか参拝をしないが、今回は奥の若宮、奥の院まで。
3か所もお参り場所を設置するとは、商売上手いなあ…なんて言ってはいけません。
その後下の休息所でお昼ごはん。
Kさんがなんと折りたたみ式ヘルメットを一個余分に持っているので、
クイズに正解した一人にあげるとのこと! さすが、太っ腹Kさん!
クイズは「このヘルメットは何枚の面で出来ているか」。
適当に皆答えていくが、私の答えた「8枚」が正解。
ありがたく戴きました。
普段は平たくなっているが、紐をひっぱるだけで立体的になる、
しかも軽いなかなかの優れもの。
岩場を通る縦走時にちょうど良さそうである。
(が、果たして私が今後そういうコースを行くかは微妙に疑問なので、皆様お貸しします)
最後はFさんのコーヒーを飲んでほっこり。
帰りは水尾の里に出る道を進む。
大分天気もよくなってきた。
山道を出てアスファルトの道になってから1時間、JR保津峡駅に到着。
皆様お疲れ様でした。
(S記)





Top > 2013年度山行計画 
1