2013年7月 甲斐駒ヶ岳&仙丈ヶ岳

 
■日付 7月25日(木夜)〜28日(日)
■登った山 甲斐駒ヶ岳&仙丈ヶ岳
■天候 晴れたり曇ったり
■参加人数 4名
■コース 7/25 集合地下鉄長田駅(22:30)→車→仙流荘(3:30)
7/26 仙流荘5:50→バス→北沢峠(6:50)〜テント場(7:00)〜テント設営&登山準備(7:50)
    〜仙水小屋(8:20)〜駒津峰(9:00)〜甲斐駒ヶ岳(12:30)〜双児山(14:40)〜北沢峠
    〜テント場(16:30)
7/27 テント場(6:30)〜五合目〜馬の背フィッテ〜仙丈小屋(10:45)〜仙丈ヶ岳(11:20)
    〜小仙丈岳〜五合目〜テント場(15:00)
7/28 テント撤収〜北沢峠(6:50)→バス→仙流荘→入浴・昼食→帰阪(15:00)
   

一日目:甲斐駒ケ岳へ
仙水小屋ではお水頂きますの声をかけ忘れ、「頂きました。ありがとうございました。」とあと報告。無料と当り前を混同していたことに深い反省。
出だしは森林浴。次第に、ガレ場・砂岩・ハイマツと、甲斐駒は変化に富んでいてとても楽しかった。駒津峰から巻道コースを選択。リーダー達が私達のレベルや様子を絶えず見ながらコースを検討してくれるので、花崗岩で地盤が不安定なところも臆することがなかった♪この景色を見せたいといってくださる気持ち、頂上で実感!最高!!感激!!!
二日目:仙丈ヶ岳へ
翌日は、雲があがってきたけど、暑くもなくベター天気。(雲の合間に景色がウインクする感じ)
仙丈ヶ岳へは五合目から馬の背方面にコース取り、途中雪渓のトラバース、新緑と雪渓のすばらしいコントラスト。綺麗!(^▽^)  馬の背ヒュッテで休憩して仙丈小屋へ。 自分で見る事なんてないだろうと思っていた仙丈藪沢カール!! そして、とうとう、仙丈ヶ岳の頂上に立てた!!
初心者を連れてきてくださった皆さんに感謝、感激、感動、泣けました! o(;▽;)o
絶えず「そこ、いいね」とか、「もう少し足掛けるとこあるやろ」とか、判断の目安を伝えてくださる。「あの人、ベテランや、さっと登りに道空けた」とか、マナーもその都度、学べる。
4人という人数は、プライベートレッスンに近い。「山」が素敵ということももちろんだけど、「人」に何より感動した二日間。最高に幸せな南アルプスデビューをさせていただいた。深謝。(h.k)

仙水小屋までの樹林帯 仙水峠手前 駒津峰から甲斐駒ヶ岳と摩利支天
甲斐駒の花崗岩 甲斐駒ヶ岳山頂 慎重に下る
雪渓を横断 コバイケイソウ
仙丈小屋手前 仙丈ヶ岳山頂 北岳を望む
チングルマ シナノキンバイ チシマギキョウ
Top > 2013年度山行計画 
1