2013年7月 伊吹山

 
■日付 7月7日(土夜)〜8日(日午前)
■登った山 伊吹山
■天候 曇り〜山頂付近はガス〜下山途中から晴れ
■参加人数 4名
■ルート 大阪駅(21:30)=登山口到着(23:30) 三之宮神社(0:00)→1合目(12:20)→3合目
(13:22)→頂上(3:15)→仮眠(4:30)→頂上散策→下山開始(5:20) →三之宮神社
(7:40)=帰阪

登山当日の昼間に少し眠っておけばよかったのですが、なかなか眠れず、睡眠不足で眠たさとの戦いの登山でした。
夜間登山は涼しいけれど(でも登っているときは暑い)一合目までは風がなく 団扇が活躍してくれました。
二合目の前半は芝生のゲレンデを歩くのですが、何故か途中からトレースを見失い、リーダーのSさんに何とか正しいルートまで先導してもらいました。 この日はほぼ新月だったので星が煌めき、遠くには琵琶湖周辺の街の明かりが綺麗でした。眠たさとの戦いも、綺麗な景色を見ると目が覚めます。
でも、次第にガスが出てきて視界が悪くなり、また、風も結構吹き出したので、しっかりした登山道にも不安になり、途中から、Sさんに先頭を変わってもらいました。そうこうしているうちに予定より早く、日ノ出より約1時間ほど前に山頂に到着しました。
辺りはガスっていてよく見えないのですが、よく見ると、小屋の軒先などにシラフ等で身を包んだ登山者が多数、仮眠を取られていました。私たちもSさんが持ってきてくれたツェルトに入って、日ノ出も待つことにしました。ツェルトは風を遮ってくれたのでとても暖かったです。
日ノ出の時刻を過ぎてもガスは取れず、残念ながら、ご来光は望めませんでした。花も、紫色のアザミが少し咲いていましたがお花畑の花は少なく、期待はずれでした。(異様に枯れているように見える葉が気になりました。)
帰り道は涼しく歩きやすかったです。途中からガスも無くなり、琵琶湖も見え、良い展望に恵まれました。 <sub-L:Y.Y 記>

ヘッドランプを頼りに登山開始 山頂付近はガス 登頂の4名
Top > 2013年度山行計画 
1