2013年7月 鳳凰三山

 
■日付 7月12日(金夜)〜15日(月)
■登った山 鳳凰三山〔薬師岳、観音岳、地蔵岳〕
■参加人数 4名
■コース 7/12(金)=23時阪急南茨木駅発(車)
7/13(土)=5時前:夜叉神峠登山口到着(仮眠)夜叉神峠登山口(7:30)→夜叉神小屋(8:30)→杖立峠(10:20)→苺平(13:20)→南御室小屋(13:50)〔テント泊〕
7/14(日)=南御室小屋(6:40)→薬師岳(8:20)→観音岳(8:50)→地蔵岳(10:40)→観音岳(12:20)→薬師岳(12:50)→南御室小屋(13:55)〔テント泊〕
7/15(月)=南御室小屋(5:10)→苺平(5:45)→杖立峠(6:52)→夜叉神小屋(7:50)→夜叉神峠登山口(9:00)〔帰阪〕
      

3日間の天気は日中は薄曇りときどき晴れ、一時的にポツポツ雨。連日夕方3時以降は雨が降ったり止んだりしましたが、既にテントの中なので濡れずに過ごせました。テント場は多くのテントでしたが、ロープで区画されていたので整然としていました。また、平に整地され、水はけも良かったです。湧き水がおいしく快適なテント場です。
1日目は登山口から南御室小屋までは森のような大木と苔の道あり、大小さまざまな石がゴロゴロした道ありと変化に富んだコースでした。地味に登りが続くので、寝不足で荷物の重い初日にはキツく感じましたが、気温が低めで涼風が吹いていたのでがんばれました。
2日目は地蔵岳まで右側には大きな富士山を、左側には白峰三山(頂上に雲がかかってましたが)を見ながらの稜線歩き。観音岳から地蔵岳のオベリスクが望め、近くに思えたのですが予想以上に遠く、岩稜の登り下りを繰り返してやっと到着。頂上に近づくにつれて風が強くなり、体を持って行かれそうな感じでした。Taさん、Naさん、Fuさんはオベリスクの頂上を目指しましたが、下がっているロープがイマイチ信用できなかったのと、風が強いのでロープ下までで断念。
3日目は3時半に起床して早めの出発。途中、朝もやに浮かぶ富士山を眺めたりしながら下りました。(Y.A記)

Top > 2013年度山行計画 
1