2012年4月 リトル比良(滋賀県)

 
■日付 4月29日(日)
■登った山 岩阿沙利山&鳥越峰
■参加人数 8名
■ルート   
  
8:50  R湖西線 北小松駅 着
9:10頃  スタート
9:30  登山口を左へ
9:30  登山口を左へ
9:45  滝見台から 楊梅ノ滝を臨む。水量、落差もあり見ごたえあり。
10:00  涼峠を右にオトシへ。 景観が変わったなと感じたところがオトシの入り口(分岐)、右に小川を渡る。この辺りは、湿地帯で足元が気になるものの、岩や灌木が多く、平坦でのどかな雰囲気を楽しめます。 
10:30  寒風峠を右へ、 この辺りから花崗岩の巨岩が多くみられるようになる。 滝山〜嘉嶺ヶ岳(地点を特定できず)を経て、 
11:30  鵜川越(標高553m)(林道鵜川村井線)、林道を渡り、短い登りですがこのコース一番のきつい登り。 
12:00  岩阿沙利山(標高686.4m)<昼食> 
12:30  少し荒れ気味の急な下りを通過すると、あとは巨岩を楽しみながら緩やかな上り下りの繰り返し。 鳥越峰(標高702m) 左へ ずんずん下り、歩きやすい尾根道にかわると、 
14:10  オーム岩。 尾根道から少し入ったところにある。伊吹山等臨め展望よし(本日は黄砂のためか?霞んでおり今一)鞍部を過ぎ、右へ回り込むと 岳山(標高565m) 直下に岩に囲まれた祠。緩やかな下りのなか、岳観音後、灯篭立つ台地を通過、花崗岩のザレ場を過ぎると、白坂と呼ばれる一面大きな白い露岩地帯を左にみて下る。 
15:10  大炊神社。 トイレ等で時間を取り過ぎ? 急ぎJR近江高島へ 
15:39  JR近江高島 最後はダッシュのおかげで無事乗車 

行程が長いとはいえ全体をとおして歩きやすい尾根道歩きを楽しめるコースです。オトシと呼ばれる湿地帯があり、、いろんな形の花崗岩の巨岩あり、岩阿沙利山あたりからは、自生のシャクナゲがあり(咲いていればよかったのですが)と、変化を楽しみながら歩けるコースでした。

Top > 2012年度山行計画 
1 1