2012年2月 六甲山

 
■日付 2月19日(日)
■登った山 六甲山
■天候 晴れ
■参加人数 10名
■ルート 神鉄鵯越駅(集合)10:05〜菊水山11:25〜鍋蓋山 大休憩(12:45〜13:20)〜市ヶ原14:00
〜布引の滝14:40〜新神戸駅15:00

私にとって六甲山は、4年前の9月の例会山行以来です。最高気温7度の天気予報に備えてアイゼンも持参します。今回は一般参加のOさんも含めて総勢10名。最近の例会山行としては珍しい少人数です。大きめの声で話すと話題が繋がります。
菊水山458.8mへの登りは以前より整備された感じで階段が多いですが、急登がきつい。見晴らしの利くところで振り返るとあっという間に神戸が一望できます。積雪もと期待しましたが、全くで、息が上がります。小休止を経て、一気に有馬街道まで下ります。天王川のつり橋を渡りながら、続く鍋蓋山486.2mを見ます。急登、一気に下り、また樹林帯を一気に登るこのコースを、Yさんのように「登って、下りきって、また登りなおすのが、このコースの醍醐味!」と話しながら登り続けるパワーが羨ましいです。この季節でも十分暑い。
しんどいながらも、鍋蓋山の山頂の手前で、右から回ると楽に山頂に着くことを憶えていました。山頂では、日差しが暖かく、ベンチに座ってゆっくりとおいしいお善哉を頂き、眺めを楽しみます。
「ここで次の市ヶ原までどのくらい?」という話になりました。健脚の担当Tさんは、「私の足なら40分。」とのお答え。うーん、小1時間ね。と歩き出して、市ヶ原で時計を見ると丁度14時。約40分。山行案内メールのコース予定も14時。晴天の布引貯水池、布引の滝見学を終えて、新神戸駅着15時。新年1回目の例会山行は見事なコース配分でした。
去年入会されたお二人が休憩のたびにコースタイムをしっかり書いておられます。担当の時以外は書かなくなった私。一般参加のOさんのさわやかな山ガール仕様、モコモコした私。山行中もセミナーや初級登山学校に春から参加する話、六甲山縦走をする話などを聴いていると新しい風に吹き飛ばされそうな気もします。
壬の辰年に滝を見られたこと、お善哉がおいしかったこと、晴天にも恵まれ、冬の六甲山を楽しく歩かせていただきました。皆さま、ありがとうございました。(Shi記)

Top > 2011年度山行計画 
1