2009年9月 尾瀬 燧ヶ岳

 
■日付 9月19日(土)〜22日(火深夜)
■登った山 燧ヶ岳
■天候 19日:曇り、20日:霧のち快晴 21日:快晴 22日:霧雨のち曇り
■参加人数 5人(友人たちと)
■ルート 19日:阪急蛍ヶ池7:00’〜尾瀬御池ロッジ16:40’着(泊)
20日:御池ロッジ7:20’〜広沢田代8:20’〜熊沢田代9:20’〜俎10:50’〜柴安11:20’〜見晴14:40’〜龍宮小屋16:00’ (泊)
21日:龍宮小屋8:00’〜中田代三叉路8:40’〜東電小屋9:40’〜三条の滝12:00’〜渋沢温泉小屋15:00’ (泊)
22日:渋沢温泉小屋7:10’〜御池ロッジ10:00’〜銀山平12:00’(昼食及び露天風呂入浴)〜阪急蛍池23:30’帰着

台風14号の北上が気になっていたが、19日中には通り過ぎるだろうと願望的予想で19日7時に大阪を出発。高速道割引サービスの影響で彦根まで2時間半も費やしたが、北陸道に入ってからは車の数は多いものの渋滞も無くスムースに進行。御前岬パーキングで小休止。昼食はガスチャージを兼ねて米山SAで。曇り空では有ったが順調に関越自動車道へと乗継ぎ小出インターで高速道とお別れ、車の少ない直線の地方道。ついついアクセルを踏み過ぎちゃってお巡りさんに停車を命じられる羽目に(くすん)。その後は長い長い幾つものンネルを抜け、銀山平からは奥只見湖に沿って車酔いしそうな曲りくねった352号線をひた走り尾瀬御池ロッジに着いたのが16:40’。入浴、夕食を済ませ20時に就寝。

20日、時折雲間から青空が覗き風は予想より収まっていたが、ロッジの上空150m位の所をガスが流れ台風14号の影響が未だ少し残っていそうだった。 7時20分に御池ロッジを出発。1時間ほどで広沢田代に到着。時折秋の日差しが届くもののガスは相変わらず流れ頂上はガスの中。熊沢田代付近からはガスにトップリ包まれた中での歩行。頂上付近でガスも晴れてくれればとの願いも虚しく視界は100m位のまま、雨に降られるよりマシだと負け惜しみを言いながら、昼食も頂上でそそくさと済ませ下山開始。1時間半ほど経った辺りから陽が射し始め、下田代十字路に着いた時には快晴。もう少し頂上で粘れば眺望を楽しめたかもと残念ではあったが後の祭り。でもでも山での行動はセオリーを守らなくてはね!竜宮小屋は目と鼻の先だったが、天候も回復。六兵衛堀の流れでは岩魚も出迎えてくれ気分も上々、木道脇のステージで昼寝を少々。夕食後防寒着を着込みコーヒーセットを片手に昼寝を貪った尾瀬ケ原のど真ん中のステージへ星空の観賞に出かけ、新月翌日の夜空を堪能するまで観賞、21時就寝。

21日の行程の半分以上が尾瀬ケ原の散策だったので気の緩みか、小屋を出る時に弁当を貰い忘れ、下田代三叉路手前から引き返し再度龍宮小屋を後にしたのが8時。早朝は霜に覆われていた尾瀬ケ原もオレンジ色の草紅葉が広がり、点在する池糖には羊草の葉蔭にハヤが群れをなしていた。 龍宮小屋から下田代三叉路、東電小屋、温泉小屋迄の道は殆ど木道で秋の陽光を浴びながらの歩行。温泉小屋を過ぎてからは本来の登山道で12時に三条の滝の滝見テラスに到着。昼食後滝見テラスのベンチで1時間ほどトカゲを決め込み、汗も引き衣類の乾いたところで単独行者を一人加えて6人で今日の宿泊地に向けて出発。 ガイドブックに露天風呂ありと有ったが源泉温度は31。2度、真夏の昼下がりならまだしも9月の下旬では露天風呂入浴は無理。友人達は足湯のみで済ませたが、夜陰に紛れて僕だけ入浴。寒かったの何の、その後沸かし湯で冷えた体を温め19:30’に就寝。 22日早朝6時、灯りの無い薄暗い食堂で朝食を済ませ7時過ぎに小屋を出発。御池から温泉小屋に通じる燧裏林道と交差する天神田代迄は登山者の影も無く我等5人だけの世界。出発時は小雨交じりのガス模様だったが天神田代付近からはガスも晴れ高曇りの中、横田代、上田代、メノリ田代、姫田代、御池田代と軽装の観光客が往来する木道を御池登山口へ。 帰路銀山平の掛け流し半露天風呂で汗を流し昼食を済ませ車上の人となった。

霜降りて 静けさ戻る 尾瀬ケ原
草紅葉 ひうち(燧)至仏の 裾を染め

白樺、池糖と草紅葉 蛇行する木道の向こうに至仏山が 尾瀬ヶ原、至仏山の夜明け
燧ヶ岳の曙 池糖に映える至仏山 至仏山へ続く木道
岩魚もお出迎え 熊沢田代は霧の中 三条の滝
Top > 2009年度山行計画 
1