2008年11月 稲村が岳

 
■日付 11月23日〜24日(日) 
■登った山 稲村が岳
■山域 奈良・大峰山脈
■天候 晴れ
■参加人数 11人
■ルート  1日目:下市口〜(車)〜御手洗渓谷〜白の平キャンプ場(泊) 2日目:キャンプ場〜法力峠〜キャンプ場

1日目:近鉄あべの駅発 吉野行き急行紅葉時期のためか、車中はかなり混雑。飛鳥あたりでほとんど降りる。10:15 下市口駅着。ここで、KさんとAさんに合流。車に荷物を積み込み出発。
11時観音峰登山口パーキング 紅葉の時期は過ぎて葉が茶色になっている。車を置き散策。 渓流のそばで昼食。眩しいほどの陽ざし。 1時間ほど散策の後、車へ戻る。13:00白の平キャンプ場到着。 ひとまずテントを張って、車で洞川温泉へ向かう。 1時間ほど入浴する。
15:30再びキャンプ場。かなり早いが、徐々に宴会が始まる。焚き火を囲み、それぞれいろいろなお酒やつまみを持ち込んでいる。企画班は各種つまみとカレーを担当。

2日目:6時半起床。天気予報では90%雨の予報。だがまだ雨の気配はないので、とりあえず出発の準備をする。8:00  キャンプ場を出発する。 1時間ほど歩くと雨が落ちてくる。合羽を着て歩きだす。9:30  法力峠を越えたあたりから青空が覗きだす。しかし、残雪が徐々に増えて、雪が氷となって足元が危なくなってくる。企画班で進退を相談する。 怪我をしては元も子もないと撤退を決定する。11:00。後30分ほどで山上辻へ着くのが残念。 雨が再び降り出し、徐々に本降りとなる。 13:00 下山する。 それぞれ昼食後、天川温泉へ向かう。 1時間ほど入浴する。 15:54下市口駅発に乗車。 帰阪する。  

    御手洗警告を歩く。紅葉は過ぎてもダイナミックな滝や渓流が楽しめます。 企画班の2人が腕をふるいまーす 酒があっという間に消えていきます。酒と料理にゴマ熱な二人。
もちろん焚き火も欠かせません。 メインのカレーです。 数々の一品料理も次々と・・・
2日目 上の方になってくると雪が現れてきました。11月といえどアイゼンは必需品?! 残念ながらこの上のあたりで撤退です
Top > 2008年度の記録