2008年10月 百丈岩

 
■日付 10月19日(日) 
■登った山 百丈岩あたり
■山域 奈良・大峰山脈
■天候 晴れ
■参加人数 6人(コーチ2名含む)
■ルート .肇薀弌璽  ∩備の付け方、ロープの結び方  E于執漾Д蓮璽優垢妊蹇璽廛札奪  づ于執漾Д廛襦璽献奪をセット  シ垂下降

岩登りに始めて挑戦しました。インドアでは2回ほど練習していたのでイメージとしてはそれほどハードなものではないと考えていたのですが・・・。また、練習場は勝手に平地の岩場を想定していたので待ち時間が結構あるのだと考えて気楽に構えていたのですが・・・。

まず、岩登りの練習場に行くまでにかなり急な道を登っていったのは予想外で、どうなることかと思いました。 ようやく、岩場に着き、狭いところで岩登りのシューズ(ラバソールシューズ)に履き替える。シューズがまたきつくて、はくのに一苦労。装備(ハーネス)をつけて窮屈な靴で少し足が痛いのを我慢しながら、Sさんの後をついて5メートルほどの岩を登る。結構足が滑らないのほっとしました。でも、垂直な岩で足場を探しながら登っていくのには不安でしたが、ロープで安全が確保されている安心感からか、結構楽しむ余裕がありました。 ただ、ラバソールシューズをはいての岩登りは、インドアのときと違い、少しの引っかかりでも結構滑らず登っていけるので、これにはびっくり。

今度は、もう少し高い岩場をYコーチの指導の下で登ったのですが、後方から丁寧に、足の角度から、重心移動についてその都度指導していただけたので、安心して登ることができました。ベテランの方に個人指導を受けることができるなんてとてもラッキだなと幸福な気持ちで・・・ 次は懸垂下降。インドアで練習したイメージを思い浮かべて取り組んだのですが、下降器のロープ捌きがスムーズに行かずに、イメージどおりには行かず残念。 次は、少し高度な登り。ほぼ90度の角度で、取っ付きをうまく見つけられなくて一苦労、最後は、引き上げてもらった感じとなり・・・・・。 Kさんは、初めての割にはスムーズに(Yコーチも感心されていました)登っていかれていたのには・・・。日ごろから山に登っておられる人はさすがに岩登りでも楽にこなされるのだと感心しました。 Yコーチ、YGさんロープに、たくさんのカラビナヲをぶら下げてかなり思いのでしょうが、軽い身のこなしにはさすがともいました。また、本格的に岩をするのにはもっと気合を入れないといけないのだと思いました。 短い時間でしたが、岩登りを経験できて本当によかったと思いました。また、機会があれば参加したいと思います。

PS.シューズはどなたかがロッキーに寄付されたパープルのシューズだったのですが、サイズもぴったりで、当日の私のウェアーが偶然にもパープルでいかにもマイシューズという感じで岩登りを楽しく練習できました。(これからも私専用に使おうかな・・・) Yコーチ、YGさん、Sさんの個人指導の報酬は缶ビール1本とおつまみと気持ちだけとなりましたが、今度はもう少し上手になって生ますので・・・・。  

最初怖がっていたのがシューズをはき替えたとたんスイスイと・・・
なんとなく様になってきた?! Yコーチがついてくれるから心強いです 皆さまお疲れ様でした!特にコーチのお二方、ありがとうございました
Top > 2008年度の記録