2008年9月 三国山・赤坂山

 
■日付 9月28日(日) 
■登った山 三国山・赤坂山
■山域 滋賀県・海津
■天候 曇り
■参加人数 15人
■ルート JRマキノ駅〜(タクシー)〜黒河越林道途中〜三国山〜赤坂山〜マキノ高原バス停

9:30JRマキノ駅集合。タクシーにて黒河越に向かう。黒河越林道途中でタクシーを降ろされ、黒河越に向け歩き出す。黒河越まで未舗装の林道が続く。
10:45 黒河越到着(5分の小休止)ここから登山道、しばらくは林間の比較的 ゆるやかな上りが続く。30分程で眺望の良い岩場が現れ、小休止。三国山分岐点から右の登山道に入り、15 分ほどで三国山山頂に到着。三国山手前は段差の大きな階段が続き、ややしんど い。

11:50 三国山山頂到着 三国山山頂は8畳ほどの広さだが、先客がいたため5分ほどの小休止だけで出発。 一旦分岐点まで戻り、赤坂山を目指す。30分程で突然林が途切れ、明王の禿といわれる崖が現れる。南には琵琶湖、北には 日本海が臨める絶好の展望、西には赤坂山の山頂も見ることができる。赤坂山山頂手前はススキの生い茂った急な上り。山頂は 360度の展望で、琵琶湖、日本海が臨める。遠くには伊吹山や白山も見ることができる。赤坂山を出発。ススキ野を下り、大きな鉄塔の下を通り、粟 柄越へ。ここからマキノ高原温泉へ下る。

14:45途中、東屋で小休止。マキノ高原温泉さらさに到着前はひざに負担がかかる急な階段が続く。
解散後 2名は15:17分のバスで帰途へ。残りのメンバーは温泉に入り、16:22分のバスで帰途に着いた。

心配された天気は曇り、ただしガスがなかったので素晴らしい眺望を十分に堪能することができた。少し遠い感は否めないが、登山客が少なく静かな登山を楽しめるのもこの山の魅力の一つであろう。自然林が美しい山なので、新緑や紅葉の時期にまた来て見たいと思う。

途中から見える琵琶湖 秋ですね〜
頂上は早くもススキでいっぱい
Top > 2008年度の記録