2008年5月 涸沢〜北穂高岳

□日付 5月2日(夜)〜5月5日
□登った山 北穂高岳
□天候 快晴 (下山後の上高地は雨)
□参加人数 3名
□ルート 1日目   大阪駅〜高山の道の駅「ななもり清美」で仮眠
         2日目   道の駅〜平湯温泉〜タクシー〜上高地〜涸沢
         3日目   涸沢〜北穂高岳〜涸沢
         4日目   涸沢〜上高地〜バス〜平湯温泉〜大阪駅

出発前の5月2日の天気予報では、3日は曇りのち晴れと4日は晴天、5日は曇りのち雨の予報だった。予報どおり3日と4日は、ピーカン。5日は下山後から雨が激しく降った。山にいる間は絶好の天気に恵まれた山行だった。
5月3日 アカンダナ駐車場からタクシー乗り合いで登山口の上高地へ出発する。腹ごしらえをして8時半に登山開始。タクシーの運転手によると雪の量は例年並みということ。雪の多い年は、本谷橋からアイゼンを装着したことがあったが、今回は涸沢までアイゼンなしで歩けた。涸沢到着は15時30分。涸沢のテンバはまだ一面雪だが、陽があたっているうちはぽかぽか暖かい。
5月4日 6時起床8時出発。北穂高到着11時30分。われわれが登っているときに、下山しているおじさんがバランスを崩して斜面を30メートルくらい滑っていった。のぼりの登山者のおばちゃんに当たったのか、そのおばちゃんも5メートルくらい滑っていった。ザラザラの雪なので滑ってもどこかで止まるだろうが、これが冬だったらあの人たち終わっていただろう。後で聞いた話だが、TAさんはこの事件以来、下を見ずに登るようにしたそうだ。体感的には50度越える斜面もあったような気がする。高度を稼ぎ斜面で休憩するたびに前穂と奥穂が迫ってきて飽きない登りだった。 北穂頂上は360度の展望が開け、大キレットの向こうに槍ヶ岳が鮮やかに見える。記念写真を撮り終えて、アイゼンをはずし北穂の小屋で大休止する。TAさんと私はコーヒーを注文したが、Sさんは一人味噌ラーメンを注文する。見た目にも旨そうなラーメンだったので少し後悔する。今度行ったときは注文しよう!  下山するのはもったいない絶景だったが下山開始。北穂頂上から少し降りたところのコルから涸沢岳に向かう岩場のピークまで足を伸ばす。ここが今回の山行の中で一番危険で冷や汗をかいた。計画書にない行動であるのと地図にも危険マークが入っているので早々に引き上げた。十分景色を堪能して13時に下山開始。15時30分涸沢到着。デッキでビールを飲みながら景色をボーっと見る。
5月5日  5時30分に涸沢を出発。11時バスターミナル到着。バスでアカンダナ駐車場へ向かう。「ひらゆの森」で入浴後帰阪。
 天気に恵まれた山行で3,000mの春山を十分満喫した。北穂の頂上から槍ヶ岳へ行く大キレットに足跡がついていたのを見て、この季節にも行く人がいるんだなぁと感心した。大天井岳から常念岳の稜線がきれいに見えていた。今度は、燕岳〜大天井岳〜常念岳を縦走してみたい。

涸沢からの北穂高岳
涸沢のテント場 奥穂高岳
槍ヶ岳方面を一望 北穂高岳山頂
Top > 2008年度の記録