2008年1月 明神平

 
■日付 1月26日(土)
■登った山 奈良県東吉野村明神平
■山域 台高山地
■天候 曇り
■参加人数 3人
 

 今年の雪は安定していません。天気予報をみながら、来週末は近場でも雪がありそうと、タイミングを計り、冬山日帰り山行をSさんに計画していただきました。
 後部座席で爆睡するTさん、朝食を取る私を乗せて、S号は大阪を出て、2時間ほどで明神平へ。登り口の少し手前から積雪。目の前に急に雪山が現れます。駐車スペースには同好の方々がすでに何台も。寒いなあって言いつつ、顔はにやけながら、私たちも装備を着けていきます。荷物はアイゼンと昼食とカメラ。今回は雪見、写真山行です。
 一般道の横の小さな滝もしっかりと凍っています。期待通りです。ここで、悲しい気付きが、一眼レフを持参のTさんが充電済みのバッテリーをS号に忘れていました。取りに戻るには遅すぎました。
 小さな川を2度ほど渡っていくのですが、ここが微妙な高度感で私には難所です。
 ここまで来て滑るわけにはいかないし、冷たそうだし、凍っているし、ここだけなければいいのに。おととしより、積雪が多く、一面真っ白な雪景色。樹氷もしっかりしているし、大滝もよく凍っています。本当にこんなに近くで銀世界を楽しめるなんて。春・夏・秋それぞれに山は楽しいのですが、きれいさでは冬が一番の気がします。静けさがいいのでしょうか。
 明神平の登りは、ずっと続きます。疲れて止まるとずるっと滑る感じがだんだん強くなってきたので、今年は途中で私はアイゼンをつけます。アイゼンは滑らないけど、重い。前を行く二人を見ながらも、あまりの景色のよさに写真撮影も欠かせません。歩きながら、写真を撮りながら、立ち止まると寒いし、でも笑顔のままで登って行きます。
 やっと山頂。今年はほぼ無風ですが、寒い! マイナス7度です。思ったより人がいて、みなさん、雪を楽しんでいます。お湯を沸かしてもらい、昼食。でも寒い!手がかじかんで、ビニールもうまく開けられません。ジンジンする感じです。でも手が痛い。と嘆きながら見る雨具の上に降る雪は、本当にきれいな結晶です。ルーペを使わずこんなにはっきり見えたのは初めて。それでも2時間弱山頂にいて、アイゼンをつけて下山。15分ほど歩き出して驚いたのですが、足がかじかんでいたのが緩みだす感触がしだしました。足は本当に健気、山頂では手の痛みに感覚を譲って黙っているし、アイゼンは体の一部のように受け入れるし。途中またも犬連れの2人組に、今度はゴールデンリトリバーと豆柴です、ゴールデンの人懐こさに癒されました。たっぷりの毛並みが暖かい。地元の人にとってはいい散歩コースなのかもしれません。
 車についてから、Sさんから卵入りきつねうどんをご馳走になり人心地。
 古代檜の温泉で、ゆったりして、すっかりくつろいで、またもSさんご持参のおみかんをいただき、本当にいたれりつくせりでした。
 明神平は、おととしから2回目です。大阪から日帰りでこんなに雪山を楽しめるので、次回はもっとたくさんの方とご一緒できればと思いました。

手が痛い!
Top > 2007年度の記録