2005年10月 火打・妙高(新潟)

 
■日付 10月7〜10日(日)
■登った山 (火打)・妙高山
■山域 新潟県 妙高
■天候 雨〜くもり
■参加人数 8人
■ルート 1日目:夜22時大阪駅出発(車)→翌日4時笹ヶ峰
2日目:7時半笹ヶ峰→(1:00)黒沢→(2:00)富士見平→(1:00)高谷池ヒュッテキャンプ場
3日目:キャンプ場→天狗の庭→キャンプ場→(1:00)黒沢池ヒュッテ→(2:00)妙高山→(1:30)黒沢池→(1:00)富士見平→(2:30)笹ヶ峰→車で保養所へ
4日目:大阪へ

JR大阪駅、奈良駅出発多賀SA待ち合わせ。名神、北陸道、上信越道、車が少なく走りやすい。笹ヶ峰駐車場着、夜間は星空であったが予報は雨。朝の空は雨模様やはり的中か。
登山口から出発。降り出した最初は木道歩き、黒谷渓谷で小休止、紅葉している。ここから急登、七曲りを経て、富士見平で分岐、ここからトラバース、登山道が軟弱で泥んこ、歩きづらい。本来ここから火打山が望まれるが、ガスで何も見えない。高谷池ヒュッテ到着。テント場へ着いた辺りから大粒の雨に変わり急ぎ設営、火打山へは中止。15:00ごろ少し青空が出て、急ぎ天狗の庭へ向かうもガスでさっぱりでした。
翌日はテント場を出発し、ヒュッテへテ゛ホ゜して天狗の庭へ再度行く。火打山は望まれなかったがガスはなく紅葉を楽しめた。天候の回復を期待したが、結局1日曇り。黒沢池周辺がガスも晴れ紅葉がまぶしい。空間が景観とあいまって、心が和むひと時である。来て良かった。ガスで何も見えず残念でした。雨が降らないだけでもいいかと納得。寒いので早々下山。黒沢池の淵にある木道を、紅葉と分れを惜しみながら歩く。小雨が降ってきた。登山道が泥んこでどうしょうもない、かなり疲れる。前日雨のため、天狗の庭へ再度足を延ばしたため、計画書より2時間遅れた。下山連絡もその分遅れ心配させました。
(反省)

出発してから1時間ほどしたところの黒沢。 ここで一休み。すでに紅葉が始まってます。 さらに登る
まだまだ元気なMさん 紅葉の前で記念撮影。この後から雨が降り出してひたすらキャンプ場まで歩く。
キャンプ場についた頃は雨で霧で真っ白。2〜3時間ほどテントで一休みしたあとにお天気回復 今まで霧で真っ白だったキャンプ場横に突然湿原と山が現れました。 あちこちのテントから人が出てきて、写真撮影
天狗の庭まで行きましたが、また雨が降り出してその日は見ることが出来ず。
次の日はとりあえず天狗の庭まで行きます。バックには火打山が この後すぐに霧に隠れてしまいました。今回は時間がなくて結局火打山には登れず。 天狗の庭。紅葉と湿原でとてもきれいです
天狗の庭から高谷池ヒュッテの途中 岩と紅葉でちょっと日本庭園ぽい感じでした 黒沢池ヒュッテに降りていく途中です。
黒沢池ヒュッテを囲む山々は一面紅葉。 下にある建物が黒沢池ヒュッテ。
妙高山へ行く途中。 大倉乗越あたりで、一面の霧が晴れ上がってみえた大倉山 でも一瞬でまた一面真っ白に戻ってしまいました。
妙高登頂を目指す爆走隊に遅れてのんびり行くKさん ななかまどが美しく色づいてます。
黒沢池ヒュッテから富士見平は大きな湿原が広がっていて素晴らしい。 帰りもどろどろ道が続いていて、かなりへろへろ・・・
Top > 2005年度の記録