2005年9月 槍ヶ岳〜東尾根縦走 

 
■日付 9月22日〜25日(日)
■登った山 大天井・槍ヶ岳
■山域 北アルプス
■天候 晴れ・曇り
■参加人数 6人
■ルート 1日目:夜23時JR奈良駅出発(車)→翌日6時上高地
2日目:6時半出発→9:00横尾→11:20槍沢ロッジ→13:10天狗原分岐→16:00槍岳山荘
3日目:7:00槍ヶ岳(往復)→9:20水俣乗越→11:00西岳→14:30大天井山頂→15:00大天荘
4日目:7:00大天荘→9:30燕山荘→10:30燕岳(往復)→13:00中房温泉(終了)穂高町営有明荘で温泉へ

白山で予行演習をしましたが、今度は計画書を見た段階で、ハードな歩行とわかってはいたものの、忙しさにかまけて、体力づくりはおろか、ボッカもせずぶっつけ本番の参加となってしまいました。 初日は10時間の歩行。前日の夜出発のため、運転される方には申し訳ないのですが、準備不足で迷惑をかけるといけないと思い、しっかりと寝かせてもらい、初日の歩行に備えました。小屋伯ということで、荷物は軽くしてきたつもりでしたが、皆さんに、重いといわれてしまう始末。15Kgの荷物を持ちながらの山行(軽い人は9Kg程度)。ほぼ、タイムテーブルの時間通りの歩行でしたが、やはり10時間はきつく、最後の1時間は目の前に槍岳山荘が見えているもののなんと長かったことか。 しかし、初めての槍で全景がはっきりと見られたことはとてもラッキーとの事。
2日目は疲れがのこっていたものの、早朝から槍ヶ岳の頂上まで行きました。岩登りで大丈夫かと心配しましたが、昔に比べたら、ルートが整備され、上りやすいようになっていたとのこと。頂上は狭く人がいっぱいで記念写真を取り早々に下山。 2日目の歩行。まだ歩くだけの元気はあったのですが、Kさんが、途中リタイア(足の故障?)されたので、不安になり、私も一緒についていこうかと・・・。 1箇所危険なところがあるとの事で、とても不安でしたが、どうにか時間通りに大天荘につきました。大天荘は公営の山小屋でしたが夕食がとてもおいしくて(Kさんのお奨めだったのですが、Kさんは泊まれずに残念なことでした。)、また、祭りでマッタケご飯に地酒を1杯ごちそうになりました。
3日目、筋肉痛が出始めたのと、靴ずれをおこし、水ぶくれが・・・。 朝から、小雨でいやだなと思いつつ、重たい足取りでの出発。下りばかりの6時間の歩行。筋肉痛の足には下りは大変。燕山荘につき、雨が降っていたことと、時間もおしてきていたので、燕岳の往復が中止になったのは本当に助かりました。(Mさんは行きたかったようですが・・・) 後は、早く温泉に入ることだけを考えてひたすら滑らないように(怪我をしないように)慎重におりていくのですが、ちからがはいらなくて最後の2時間ほどは本当にしんどくて、空を飛んでいければと何度思ったことか。Sさんには、付きそっていただき本当に感謝しています。
下山して、温泉までは車でいくものと思い込んでいたのに、駐車場に車がなく歩かねばならないとわかったときは、本当にショックでした。私は、「もう歩きたくない」と叫びつつ15分ほどかけて中房温泉に。 といいつつ、怪我もせず、無事に下山できてほっとしました。 私にとっては本格的な山行で、しんどかったということに尽きるのですが、槍の姿を十分に堪能できました。

出発。上高地にて 上高地と河童端 横尾
槍沢
槍の肩前にて休息
日の出前の槍 槍岳山荘前で 槍ヶ岳山頂
山頂から山荘がみえます 余裕の下山です
ヒュッテ大槍 ヒュッテ大槍の前で
槍と北鎌尾根
紅葉したダケカンバと槍ヶ岳 ヒュッテ西岳前の黄葉
大天井ヒュッテ前で 大天井岳頂上で
Top > 2005年度の記録