2005年7月 大阪・犬鳴山

■日付 7月3日(日)
■登った山 犬鳴山
■山域 大阪 和泉山脈
■天候
■参加人数 5人
■ルート JR阪和線 日根野駅〜(バス)〜犬鳴山〜高城山〜五本松展望台〜犬鳴不動〜犬鳴温泉〜(バス)〜日根野駅

9:15 JR阪和線 日根野駅集合 犬鳴山行きバス乗車 すでに雨がぱらつき、集合したもののどうするか思案後、やはり決行。
10:00 犬鳴山バス停より登山開始 雨はぱらついていたけれど各自カッパとスパッツ、ザックカバーの用意。雨はだんだんひどくなり始めて、登山開始後30分の小休憩の時にはすでに雨は本格的に。。古津喜谷の分岐地点高城山山頂着小休憩後、林道に迂回しながら五本松展望台へ向う。雨がひどくなり傘を差して歩行。みなさん雨のためかなりうつむき加減。。。おなかも減り、早く昼食にしたい。。。。
12:30 5本松展望台着、ようやく雨をしのげる展望台建物内で昼食。デザートにコーヒーゼリーとフルーチェを持参、しかし雨で濡れた服がとっても寒い。。Sさんの温かいコーヒーでほっと一息。。昼食後犬鳴不動への道へ、昼食後はボッカのお水もなくし、身軽に下山。雨もやみ、すこし乾いた風。林道脇にはホタルブクロが。。小雨はぱらついていたもののなんとかあと一息!自然歩道を通りながら犬鳴トンネル着犬鳴温泉到着 皆さんお疲れ様でした。。下山後、温泉へ。。(歩行時間:約4時間)

<感想>本当に皆様には大変な思いをさせました。。。。雨ならばやはり、中止、とするべきだったのか、しかし皆さんガマン強く歩いていただき、有難うございます。。いい訓練にはなりましたが、やはり日帰りは晴れた日のほうがよいですよね。。急ぎ足で歩いていたせいか、参考コースタイムよりやや早かったです。(30分ほど。。)下見に行っていたせいか、やはり歩きやすかったです。あの天候で下見なしでは、中止はやむをえなかったかもしれませんが、雨の中の樹木や空気というのは、これはこれでまた違った自然を味わえたと思います。。

高城山頂上 雨の中の下山
Top > 2005年度の記録