夏だ! 温泉だ!! ビ〜ルだ!!!




 くそ暑い7月半ば、梅雨明けの例会設定。しかも3連休前・・・

 これは、軽く登れて、温泉に入れる所しかない!

 全ての思考回路はここから始まった。片っ端から温泉を探し出し、周囲のコースを探る。適当なコースをピックアップし、個人的な趣味でマイナーなコースを選択。他の担当者の意見を握りつぶし、今回の山行テーマを決定した。

"山はほどほどに、目指すは風呂上りの冷た〜いビール!!"

 梅雨明けの時期という事もあり、天候は気になったが、どうやらまずまずのよう。歩行時間約4時間(実質の山歩きは3時間)と軽い山行にも拘わらず、思ったより参加者が多い・・・。夏山セミナーからの参加者も迎え、総勢22名の大所帯。目的の汐の湯温泉がそれほど大きくないだけに、ちょっと心配であるが、あまり深いことは考えずに、杉生のバス停より出発。
 まずは猪名川不動尊を目指し快調に歩き出す。時に展望がひらけるが山頂まで続く長い登りをみんなで黙々と歩き続ける。
 今回の山行では、要所要所の休憩ポイントにて脈拍測定を行う。
 「脈がない〜!」
 黄色い声が飛び交う。どうやら何人か"ゾンビ"が迷い込んでいるらしい・・・。迷わず成仏してください・・・。
 そうこうしている間に、あっという間に高岳山頂。下見の時のそうであったが、この山は登ったという達成感がいまいち起こらない・・・。昼食を済まし、気を取り直して下山、いよいよ温泉に向かう。炎天下のアスファルトをひたすら1時間、あたかも罰ゲームのごとく・・・。
     それでも「何のために歩くのですか?」と聞かれたら
     自信を持って答えよう!!「そこにビールがあるからさ!」と。
 汐の湯温泉は、ぽつんと佇む温泉宿であり、なかなか風情のあるたたずまい。そこに大人数で押しかけるのは、申し訳ないが、もう遅い。最後の欲望を抑えることは何人たりとも止められない!!

Top > 2000〜2001年度の記録