白山でテントデビュー

 実は、まだテントで泊まったことの無かった私、このたび、ついに”テント泊デビュー”を果たすことができました!(パチパチ
 すごく楽しかったです!!

 紅葉にはまだ早いだろうと思っていたのですが、テント場は紅葉しており、まるでアルプスのような雰囲気で、緑の中に紅や黄色に彩られた木々が映え、とてもきれいでした。
 食事は、Rockyの誇る名シェフ、F&Uコンビのおかげで、テント泊とは思えないような豪勢なものでとてもおいしかったです。私はまだ食器を持っていないのでお椀を持っていったんですが、これが失敗でした。というのも一つしか持っていかなかった、ひとつを食べてしまわないと次のものが食べられなかったのです。次は「食器を買おう」と心に決めました。

 1日目の夜は満天の星空を見ることができたんですよ〜。空一面の星を見ながらロマンチックな気分に浸っていました。
 2日目は暗いうちに出発し、山頂で辺り一面に広がった雲海を見ながらご来光を拝みました。そして、大汝峰では斜面いっぱいに紅や黄色に色づいた鮮やかな紅葉を見ることができ感動しました。言葉ではうまく言い表せないのですが、きれいに色づいた秋の景観にうっとりしました。しっかりと胸に焼き付けておこうと思いました。
 きれいな景色とおいしい食事、楽しいおしゃべりで尽きることなく過ごした3日間は大変充実していて思い出深いものになりました。

 ・・・・・と、きれいにまとめたい所ですが、やはりそこはRockyでして


 ●こぼれ話 その1 「テントにて」

 女性5人のテントに一人放り込まれたAさん(♂)
 少し遅れて中に入り、空いているスペースを見てポツリと一言

 「俺、今日、外で寝んとあかんのかな・・・」

 そう、すでにそこには女性5人のシュラフが敷き詰められていたのである
 スミマセーン、そんなつもりはなかったんですよ〜〜(^_^;


 ●こぼれ話その2 「ここで一句」

  『 白山で 呼ばれて嬉しい 大学生 』  K子(19XX年生まれ)

  評) まぁ、お世辞と分かっちゃいるんですけど、ね・・・
Top > 2000〜2001年度の記録