24.3.14(水) 

北九州市・足立山(霧ヶ岳/597.8m)妙見山519m

    〜小文字山366m

 

  妙見宮・登山口10:10〜足立分岐11:00〜砲台山11:05足立分岐11:15〜足立山11:50〜昼食〜

  下山開始12:30〜妙見山12:50小文字山13:45〜足立山森林公園登山口14:15〜妙見宮・登山口14:50   

今週末、天気が良くないとの事だったので急遽、親友と出かける。このルートは親友が勤務している所から窓越しに毎日、眺めていたらしく、昔、
和気清麻呂が大隅国へ配流される途中、追っ手により足を負傷した折、足立山の冷泉で「足が立った」ことから呼ばれ伝えられた足立山を登る。最初はいきなり雨上がり時、滑りそうな赤土で凹状登山道!山頂直下はかなりの勾配、歩幅と合わず妙に登りにくいが山頂近くは勾配がゆるやかになり、開けた頂上に出る。足立山頂上北側は展望が良く関門海峡から戸畑方面まで素晴らしい景色が見られる。足元の方には小文字山へ通じる稜線も美しく見える。下山は小文字山への軽快なルートを歩く。小文字山は、毎年,お盆の夜に「小文字焼」が行われ、眼下に広がる北九州市中心部の街並み全体を眺めることができ、関門海峡、下関市街、彦島など見ることができる。下山は、山頂から直ぐ、町の中心地に向かってする急斜面を下る。途中、沢山の木々が紹介されている快適な足立森林公園の林道へと降り、林道(森のプロムナード)を通って妙見神社に着いた。快適なコースだった。

 

 

 和気清麻呂像の横が登山口

いきなり、この登山道だ!

赤土の登山道は凹状になって滑りやすく、更に勾配もきつい!

 この辺りはごろ岩とロープがついているが・・・・・・

砲台山、足立山への分岐点

猫がいる?迷い込んだのかな?

軍事要塞跡?

石灰岩の露出した砲台山・後方の足立山

 猫が砲台山へ歩いている???お腹!大丈夫かな?

足立山への登山道

 案内板

小文字山、足立山分岐点、先ずは右へ

 ロープがつけられている不ぞろいな木段・・雨上がりは滑りそうだ!

 山頂直下から小文字山へのルートと防火帯が見える

山頂直下の緩やかな木段登山道

 会社に向かって携帯で手をふる親友。。判るかな?

足立山山頂

 下山は特に膝に来る登山道

童心に帰っている高齢者。。。。。

妙見宮上宮

綺麗に刈られた防火帯

 金網に沿っての登山道、右側は防衛省の敷地

振り返る足立山&妙見山

 433ピーク地点

こんな処に手入れされたつげの植木が?

 先のほうに目的地の小文字山が見える

あら。。。。スミレの花が一輪咲いている。。。。。

 小文字山山頂に、こいのぼりが泳いでいるぞ!

 小文字山の小字を作る台が見える

心地のいい森のプロムナード

標高366mの小文字山山頂

 

北九州市中心部一円が見える

 鳩が離れない?子供かな?

森のプロムナード入り口

 和気清麻呂像

神社に砲弾が?

 梅が咲きそうだ・・・

妙見宮・参道石段

 厳粛は妙見宮

                日記へ戻る           トップページへ戻る