富士山須山口登山道
正式名称は「富士山須山口登山歩道」


(名称の由来)
 富士登山と言うと、皆様は夏の2ヵ月間に五合目までバスに乗り
日本一の展望台富士山頂まで砂礫や溶岩の道をジグザグに登り、
空気も薄くなり非常に苦しいけれど日本一高いところに登った充実感、
達成感、素晴らしい展望は登った人の心を癒してくれる。とこのように
お考えになるでしょう。


最もなれど、須山口登山歩道は趣が少し違う。
自動車があまり普及しなかった時代、浅間神社を起点に昔の人達は
歩いたものです。その古き良き時代の昔床しい人達を偲びながら
車に頼らず自分の足で四季折々の自然を楽しもう。
そんな思いで作られました。


このホームページがきっかけになり多くの人が須山口登山歩道に訪れて
いただければ大変光栄です。
                  裾野市愛峰山の会 会長 








戻る