2011 12/11 高知県・土佐市
宇佐ツアー2011 ラスト
 星海丸 鳴滝清一郎船長


 まさか12月にウォッチングができるとは思わなかった。先月の結果に十分満足していたのだが、まだまだクジラたちがブイのところに集まっているという情報を頂いたので、思い切って再び挑戦することに。本当は前日から2日続けて乗船する予定だったが、前日は沖が強風のため欠航。この一日に全てを賭ける。

 船長の了解が得られたので高知では初めてシーカヤックを積んで行く。泳ぐスピードが速いニタリの場合は厳しいが、ゆったりしているクジラが見つかったらチャンスはあるはずだ。前日は夜遅くまで月食を観察していたのでかなりきつかったが、朝5時に起きて日の出とともに出港。美しい朝日が出迎えてくれた。

 沖に向かって船を走らせていると追い風なので船は揺れにくいが、海面に白波が目立ち始める。多少は冬型が緩んだとはいえ、やはり沖はまだ風が吹いているようだ。なんとか12号ブイに到着すると今日もたくさんの漁船が集まっている。しばらくブイの周囲でクジラを探すが、一向に見つからないので14号ブイへ向かってみることにする。

 1時間ほどかけて14号にたどり着くが、残念ながらクジラの姿は見当たらず、こちらには漁船も全くいない。ここで試しにシーカヤックを降ろしてみる。船上から見ているより波のうねりが大きく、少し緊張したがカヤックへの乗り降りも問題なくできることがわかった。

 再び12号へ戻り様子を見ていると、ついにニタリクジラ発見!しかし動きがかなり速く、ブローの回数も少ない。ブローは何度か見つけることができたが、ほとんどが1回ブローしただけで潜ってしまうので、全然近づくことができない。このままではどうしようもないので、クジラの行動パターンが変わるか他のクジラが現れるのを待つことに。

 午後になって少し水温が上がってきたので、餌の小魚も水面近くに上がってきてくれることに期待する。するとクジラの動きが少し変わった。海面近くで活発に泳ぎ回っているようで、水中でブローを出したりしている。いつの間にかもう1頭増えて、3回連続のブローを確認。いよいよこれからか!?というところで突然クジラが姿を消してしまった。

 船長も頑張って何度もブイの周囲を回りながらクジラの姿を探すが、今度はブローすら見つからない。30分後、1度だけ3回連続のブローを目撃したが、結局その後クジラの姿を目にすることはできなかった。

 最後はちょっと残念な結果になってしまったが、初めてこの時期にウォッチングができたことだけでも貴重な体験だと思う。海上が予想以上に寒かったこともいい教訓になった。日の出から日の入りまで海上で過ごすという素晴らしい機会を与えてくれた船長やIさんに感謝したい。ぜひまた来年も宇佐で1日ウォッチングをさせていただきたいと思う。
全区間データ
日時
2011/12/11 7:10~17:26
移動時間 実移動時間
10:16:47 10:16:47※1
移動距離
151.97km
平均速度
14.78km/h (14.78km/h※2)
最高高度
18m (27m)※3
最低高度
0m (0m)※3
トラックログ総数
3611 (399 ※4)

Photos
IMG_7244
IMG_7261
IMG_7267
IMG_7286
IMG_7294
IMG_7297
IMG_7305
IMG_7341
IMG_7369
IMG_7385
IMG_7421