>

びんぼーバサー釣行記 バスの手も借りたい

このページは、岩魚釣り歴15年以上のオジさんが、バス釣りにハマってからの日々の記録です。

内容は現在までで大きく分けて3つに分かれており、2003~2005年までが、岩手の野池と秋田の八郎潟の釣行記が書かれています。

2006年~2009年までが群馬の釣行記中心に書かれており、2009からはフィールドは同じ関東ですが、自作ワームでの釣りになっています。

2003~2005 東北編

八郎潟がリリース禁止になった年からこのページはスタートしました。

この頃は、ノーシンカーのグラブのズル引きばかりしていましたが、それでもたくさん釣れました。

2006~2009 関東編

この年から、関東のハイプレッシャーのフィールドに苦労します。

それまでのノーシンカーのズル引きでは釣果を伸ばすことができず、正反対とも言えるカバー打ちを始めるようになります。

2010~現在  自作ワーム編

カバー打ちにも慣れ、それなりに釣れるようになってきたので、新たな面白さを求めて自作ワームで釣りはじめました。

今では、自作ワームでも、市販のワームと変わらない感覚で使っています。

新しいホームページです。バスの手2