のんびり夫婦の山歩き

 

 

雲月山(911.2m)

平成26年9月14日(日曜)

 

 

 

7時45分キャンプ場駐車場(830m・17℃)56分雲月山山頂(911.2m・20℃)39分展望台駐車場27分キャンプ場駐車場10時17分

     実総歩行時間:2時間2分

     累積標高差:340m   総歩行距離:3.8km

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もギックリ腰の愛棒に替わって、のんびりパパのレポです。少し様子が違いますかな。

三瓶山を降りて温泉に入り、次なる宿泊地「ゆうひパーク浜田」へ、ここはレストランが20:30まで開いているので、まず乾杯。「のど黒銘柄の吟醸酒が旨い。

前から気にはなっていましたが、アプローチが遠くこの山だけでは計画し難いので、帰りのおまけ的な感じです。

離合の難しそうな山道を進み島根県境(雲月峠)を少し過ぎて広島側キャンプ場、先客は1張。ここから周回コースを取ることにしよう。

山焼きされているので、まるで秋吉台のよう。少し登ると周回予定のピ−クがよく見える。

定番のお花がお待ちかねで、まだ朝早いのでススキが朝日に光って銀のさざ波、とても綺麗に見える。遠くには雲海の山々も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから歩く稜線が見える
遠く三瓶方向に雲海も
登山口 よく整備されている
ゆうひパーク浜田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定番のカワラナデシコ

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルガネニンジン

これは丸い

ハギの仲間
ヤマハッカ
ワレモコウ

 

 

 

 

 

朝日を浴びた銀のさざ波

 

 

 

 

 

 

ワレモコウ

よ〜く見ると綺麗

ツリガネニンジン

山口ではサイヨウシャジンと言う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂からの風景

何だかんだで山頂

広島からの三人組が上がってきた

オミナエシ
ヤマジノホトトギス

 

 

 

 

 

 

 

お花を楽しみながらゆっくり歩く。ほどなく雲月山山頂。朝早いのでここでコーヒータイムとする。景色を楽しみながらのコーヒーは格別に旨い。

その内広島から来られた3人組。朝早く出られたようだ。少しお話してお先に歩きだす。

コースの対面に来ると歩いた稜線が手に取るように見えてくる。

谷まで降りるとハガクレツリフネソウが沢山咲いている。しっかり楽しんで、下の駐車上へ登り返す。

ここでオオナンバンキセルがあるのを知り、再度ピークを登り返すが見当たらない。代わりにオヤマボクチがあった。

キャンプ場の上に広島県のシンボルマークが作られていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジサイ系
キンミズヒキ
歩いた稜線

 

 

???

 

 

 

 

 

 

 

下のPで。沢山ありそう
オケラも
最後の登り返し
ミゾソバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤマボクチ
気持ち良い風景
ハガクレツリフネ

 

 

 

 

 

 

 

登って気付いたが、上のキャンプ場裏に広島県のシンボルマークが。

近くでは見えなかった。