恐羅漢山(1346.4m)

平成23年8月14日(日曜)

のんびり夫婦の山歩き

 9時38分牛小屋高原キャンプ場駐車場(985m・27℃)58分尾根分岐(24℃)5分恐羅漢山(1346m・23.5℃)48分台所原(1010m・23.5℃)迷走29分15分寄り道(965m・22.5℃)14分台所原8分夏焼きの分岐(24.5℃)48分早手のキビレ(1130m・23.5℃)12分夏焼き峠(1075m・23.5℃)28分キャンプ場駐車場14時58分

        周回時間3時間56分+迷走29分

        累積標高差:686m     総歩行距離:11,150m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   牛小屋高原駐車場

 登山者用と指定された駐車場には5〜6台

 

 

 

 

 

  中国自動車道の戸河内インターで下りて、恐羅漢山の道標に従い登山口の羅漢山スキー場の牛小屋高原キャンプ場に着く。 [登山者は上の駐車場へ]とあり、指定された駐車場に停める。  (駐車場には5〜6台の車)

 立山尾根コースと夏焼き峠コースとあるが、立山尾根コースから登る。 

 

 

 

 

 

 

    登山口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  急登のスキー場は暑い。 横木の階段のある木陰に入りながら登る。  途中、何組かと出会う。 キャンプ場からの家族連れらしく赤ちゃんを手に抱いたまま急登を下るパパ。 (ちょっと見ていて怖い) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   スキー場登山道

 

 

 

 

 

 

 

 

   駐車場を振り返る

  恐羅漢山山頂。 山頂到着は11時前。 一緒に山頂に着いた夫婦はそのまま旧恐羅漢山に向かうが、私達はここで早い昼食をとる。 (それにしても早飯・・・だが、結構食べられる。)

 

 

 

 

 

 

 

 

  台所原を経由して夏焼き峠に下る。

 台所原への道はブナやカエデの緑が美しく歩いていて気持ちがいい。 

 

 

 

 

  恐羅漢山山頂

 早いお昼を取る。

 

     展望

     厳しい道

 寄り道へはちょっと厳しい道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ブナ林

  台所原から夏焼き峠への道はしばらく林道(車両通行止め)が続き、飽きるが、野の花が気持ちを癒してくれる。  早手のキビレへの登り坂が最後の難所。 

 帰りに深入山のいこいの村ひろしまで入湯。 汗を流してすっきりして帰路に着く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラナデシコ

 

オヤマボクチ

セイヨウオトギリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジバナ

ヒヨドリバナ

マツヨイグサの仲間(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒメキンミズヒキ

 ゲンノショウコ

 キレンゲショウマ

 ガンクビソウ

アキチョウジ(?)

 オミナエシ

 トモエグサ(?)

 ヤジマジノホトトギス

 オカトラノオ