大峯山(1050m)

平成22年9月4日(金曜)

のんびり夫婦の山歩き

 大峯山駐車場(530m・27℃)12分舗装道終点登山口(630m)22分ベンチ(770m)41分大峯山山頂(1050m・24.5℃)峯太郎へ寄り道15分42分ベンチ14分登山口10分駐車場

          総歩行時間:2時間21分  登りタイム:1時間15分 下りタイム:1時間6分

          累積標高差:552m     総歩行距離:4,550m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   大峯山の山容

 車窓から大峯山の姿が見える。 山頂の片側が切れ落ちたような姿が特徴。

 

 

 

 

 

  山陽自動車道の廿日市インターで下りて県道42号線から大峯山登山口の案内板に従い県道294号線を進み、 かなり細い道に入り下川上バス停の所に大峯山登山口の駐車所がある。 駐車場は広くトイレも完備。 先週(8月29日)にこの辺りの整備をされたようだ。 (トイレにボランティア募集の貼紙があった。) 登山者休憩所があり、足湯もある。 

 別荘地の舗装道を登り(ココで下山中の2組とすれ違う)舗装道の終わる水槽のところから杉林に入る。

 

 

 

 

 

 

   大峯山登山口駐車場

 大きな看板。30台くらい駐車可能。 先客は2台。 トイレも完備。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    休憩所

 駐車場近くには休憩所や足湯まである。 とてもよく整備されている。 

 

    別荘地の道

 別荘地の舗装道を進む。 かなり登っている。 

 

 暑いが、木陰になっているのに救われる。 登り一辺倒で、横木の階段があるが、あまり気にならない。 (この暑い季節にこれなら上出来という思いが強い所為か?) ベンチでひと休み〜。 

 

 

 

 

 

 

     登山口

 別荘地最奥の舗装道終点に水槽があり、ここから杉林に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

    ひと休み

 4合目辺りで休憩には最適のベンチ。

 

 

 

 

      山頂へ

 はしごを下って、(固定されていないのがちょっと不安) 大岩越えをして梯子を上って山頂へ。

 

 

 

    大峯山山頂

 山頂からは360度の展望。  西中国山地や瀬戸内海が一望。日陰がないのが難点。

 

 

 

 

 

 

 

  吉和冠山方向

 特徴的な山容から冠山はわかりやすい。

 独占の山頂で昼食。 片づけをしていると1人の男性登山者。(暑いので午前中登山が多いのかな?)

 下山時には西大峯山縦走路の途中の峯太郎(楢の大木)まで寄り道。 

 下山して県道294号を進み湯来温泉に向かうが、木材積み出し作業中だったので引き返して宮浜温泉<入湯料750円>に立ち寄る。