弥山(529.8m)

平成23年12月25日(日曜)

のんびり夫婦の山歩き

 9時48分桟橋(0m・4℃)20分四宮(25m)17分四宮登山口(3℃)1時間6分弥山(529.8m・0.℃)26分駒ヶ林(510m・2℃)12分岩屋大師(425m・1.5℃)1時間12分桟橋13時54分

      実質総歩行時間:3時間33分  登り:1時間43分 縦走:26分 下り:1時間24分

      累積標高差:730m  総歩行距離:10,400m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     宮島行きフェリー

 

 

 

 

 

  自宅周辺は10cmくらいの積雪。・・・・ 広島は晴れの予報なので、予定通りに宮島の弥山に出掛ける。 

 東に向かうにつれて雪は少なくなる。 (天気予報は当たりのようだ。 ほっとする。) 開店したばかりの宮島口のお店でかき飯弁当を詰めてもらって、フェリーに飛び乗る。 寒いのに意外に乗客は多い。 (来年の大河ドラマの影響かな?)  さすがに乗客に登山者は少ないようだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  今回は、これまで何度かチャレンジしたものの登山口がわからずに断念した四宮尾根コース。 相方は赤帽先輩のブログを参照に私は【広島県の山】の本を参考に登山口を探す。 

 四宮はわかったが、・・遊歩道、尾根道が・・・・迷う。  ここかな?と思う場所で一人の男性に出会う。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     紅葉橋

 観光客で賑わう。

 

     四宮

 迷走夫婦はやっぱり迷う。

 

 

 

 

 

 

    登山道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    夕日観音とあった

 

     登山道から

 広島方面

   展望の大岩から

 ロープウェイを見ている

弥山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      弥山山頂

 20人くらいの人。 観光客も5〜6人

 

     弥島山頂から

 これから向かう駒ヶ林を見る

 

 

 弥山山頂でチョット休憩して、駒ヶ林に向かう。 じっとしているとさすがに寒い。 登山道で一緒になったご夫婦はここで昼食のようだが、私達は駒ヶ林まで行ってから昼食とする。 

 

 

 

 

 

    干満岩

 潮水らしい。 凍っていた。

 

      大日堂

 

 駒ヶ林

 

 

 水掛け地蔵

 

   展望の駒ヶ林

 10人の先客グループが鍋パーティ。 聞けば山口と防府からの人たち。 親近感。 多宝塔コースから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ちょっと失礼!

 となりの昼ごはん。 美味しいそ〜!

    私たちのお昼

 牡蠣飯弁当とカップメン

 

  一旦、分岐まで戻り大元コースを下る。 

 過去に登り下りで1回ずつは通っているが、記憶が・・・薄い。  大岩が多いのと石段が多い。 雄大な自然があるので石段も苦にならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大岩

 

 岩屋大師

 下山時の紅葉

 

  水族館前の紅葉