のんびり夫婦の山歩き

 

平成28年2月21日(日曜)

 

小室井山(1072m)

 

 

 

10時32分モミの木森林公園駐車場(890m・0℃)20分分岐(950m)13分高崎王冠山(991m)1時間12分小室井山山頂(1072m・1℃)43分見晴らしの丘(900m)31分駐車場14時6分

     実総周回時間:2時間59分

     累積標高差:380m   総歩行距離:7.3km

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お天気は回復傾向・・・「どこの山に登る?」と家族会議の結果、小室井山に決定。 ・・・とそこに、ひよこ隊のEちゃんから参加表明。 

 3人で8時半に出発。 中国自動車道を吉和インターに向かって走っていると、冬タイヤ規制・・深谷パーキングでタイヤのチェックを受ける。 遠くの山々は白くなっているけど、・・・「そんなに降ったの?」と先が心配になる。 吉和インターまではそんなに雪はない。

 もみの木森林公園までのアプローチが・・冬タイヤが必要・・助手席に座っているけど、肩に力が入る。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もみの木森林公園

やっと到着して、ほっとする。 アプローチは緊張の連続

 

 

  本館前駐車場

 ここは5〜6台が駐車

 

 

 

 

 

 

スノーシューは不要

 

 

 

 登山口

 踏み跡がない。 ラッキー!アンラッキー?

 

 

 

 

高崎王冠山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あっ!ここ?」と拍子抜けする山頂。 立ち休憩して小室井山に向かう

 

 

  新雪を踏んで

 昨夜の雪。 トレースをつけながら登る。 誰も登らないのかな?

 

   分岐

小室井山・高崎王冠山の分岐。欲張りな3人は高崎王冠山に寄り道

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な雪景色を歩く

 

しっかりとした道標

 迷うことはない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小室井山山頂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ山頂

 

青空に感謝

 

 

 

 

 

 

 登山口には踏み跡が全くなく、私たちだけが登るのかと、少々不安だったが、途中の分岐からたくさんの踏み跡に出会う。 ワカンの踏み跡にスノーシューの踏み跡があったので、山頂で誰かに出会うかと期待したが、山頂では誰にも会わなかった。 

 山頂にはたくさんの踏み跡があったので、先客があったのは確実。 

 思ったよりも、お日様が出ていると暖かい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  たくさんの踏み跡

 登る途中から、たくさんの踏み跡

 

山頂標識柱

 

 

  小室井山山頂

期待したが、誰もいない

 

 

 

 

南側は雪が溶けている

 

 

 

 

ぬかるんだ道

 

 

倒木をさけて林の中に

 

 

 

雪のオブジェ

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も踏んでいない雪

 

 

快適に登る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  見晴らしの丘

本館が見える。 このまま降りようとしたのが、冒険の始まりとなる。

 

 

 

 

無事に帰還

 

 

 見晴らしの丘から、もみの木森林公園の本館が見えたので、そのまま引き返さずに、下る。 行けそうで行けない冒険ルートとなる。 早い時間で、目標物が見えるし、3人なので、楽しみながら歩く。 「三人寄れば文殊の知恵」「いや、三人寄って普通の知恵」

 無事に駐車場に着くと、駐車場の雪はずいぶん少なくなっていた。 そした、驚いたのは[遊びの広場]の駐車場。 30〜40台(?)の車。 ヒップそりに興じている家族連れで賑わっていた。

本館のお風呂は今日はやっていなかった。 (残念!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  東屋

ここから見晴らしの丘へ向かう