臥龍山(123m)

平成21年10月29日(木曜)

のんびり夫婦の山歩き

 聖湖キャンプ場入り口駐車場(780m・18℃)30分林道への分岐(967m)53分臥龍山山頂(1223.4m・21℃)54分千町原登山口八幡高原(820m・20℃)50分駐車場

                     登りタイム:1時間23分    下りタイム1時間44分(下り:54分  駐車場まで:50分)

           累積標高差:480m      歩行距離:7520m

 

 

 

 

 

 

 

  新車が入庫してドライブがてら紅葉狩り。 出発がちょっと遅くなってしまったので、広島の臥龍山辺りが限界。

 中国自動車道・戸河内インターで下りて おふくろ弁当の店でおにぎり弁当を購入。 国道191号線を深入山の広島いこいの村を過ぎてなお進み、聖湖キャンプ場入り口の看板まで行くと、右手に広い駐車場。 

 駐車場には4台の車。  駐車場に到着したのがすでに正午過ぎ。 ビタinゼリーでエネルギー補給。 一度登ったことのある山とは言え、午後からの登頂はちょっと気持ちが焦る。  

 

 

 

 

 

 

 

    登山口駐車所

 先に4台の車。 当然かな? もう正午過ぎだから・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

      登山道

 ブナ林の中を歩く。 凄い数のどんぐりが落ちている。 丸い形、長細い形、大きなどんぐり・・拾って帰って種類を調べてみようかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

    ジャストの紅葉

 車窓からも山が綺麗に紅葉しているのが見える。 期待通りの紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展望を見て下りる人

 

 

 

 

 

 

     展望

 登山道からの展望。 聖湖が見える。 

      展望岩

 大きな岩の上に上がると爽快な展望。 ここがピークかと思ってしまう・・・でも、これからまだ先がある。

      臥龍山山頂

 登山道ですれ違う人たちからは「たぶん山頂は独占」と言われたが、駐車場のある雪霊水の水場から登って来る人に何組が出会う。

 

 

 

 

 

 

 下山は前回と同じ千町原登山口に下る周回コースをとる。 物覚えの悪い私だが、この山はなぜかよく覚えている。 インパクトの強い山ではないのだが、なぜか鮮明に覚えている。 印象が強い。(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    下山道

 聖湖コースとは違いすすきの草原に下る。

 山頂直下の雪霊水の水汲み場には数台の車がおり水を汲んでいた。

     千町原登山口

 これから聖湖登山口まで歩く。 八幡原の植物やカキツバタの保護区があり、見所満載。 季節はずれのカキツバタの花に出合う。

 

 

 

 

 

 

 

        そして、紅葉

 千町原登山口から聖湖登山口までの道にも紅葉。 思いがけず、季節はずれのカキツバタも見られ、飽きの来ない(秋の来た)道を堪能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキツバタ

花ラッキョウ

 

マユミ

ナナカマド