クマン岳〜古鷹山

(399.8m・394m)

平成24年1月14日(土曜)

のんびり夫婦の山歩き

 10時43分切串港(0m・8℃)41分尾根(280m・10℃)32分クマン岳(399.8m・10℃)17分林道(280m)32分古鷹山山頂(394m・10℃)49分ソロプチミストの森・古鷹山登山口(9.5℃)53分切串港15時8分 

       実総周回時間:3時間44分 登り:1時間13分 縦走:49分 下り:1時間42分

       累積標高差:735m    総歩行距離:10,600m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  宇品港ターミナル

 

 

 

 

 

  広島県の江田島の古鷹山とクマン岳を縦走する計画。  宇品港からフェリーで30分で江田島の切串港に着く。 手持ちの資料からまずは古鷹山に向かうつもりが、クマン岳⇒に道標を見つけ、資料とは逆コースになるが、道標に従い歩くことにする。

 

 

 

 

 

 

 

     フェリー

 行きは上村汽船。 後ろは安芸の小富士(似島)

   切串桟橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  まずはクマン岳へ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   一般道からクマン岳へ

 

 最初は竹林

 

 

 

 

 

 

 

 

   次第に岩が・・・

  クマン岳で昼食を済ませて 古鷹山への縦走。 縦走路になると何組かの人とすれ違う。 

  岩の間を

 靴がはまり込んで抜けない。

  クマン岳山頂

 山頂でまずは腹こしらえ。 宇品ターミナルで買った弁当を食べる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     帆立岩

    縦走路

 最初は快適な尾根道

 

  山頂直下の長い階段

 横木に階段が続く!続く!これには参る

 

   ホコリダケ

 発噴の瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   古鷹山山頂

 20人くらいの人が昼食休憩中。(広大ワンダーフォーゲル部OBの方々)

   山頂の方位盤

 

 

 

 

 

 

 

  山頂直下は鎖場のある岩場。 

 ソロプチミストの森を回って切串港へ

 

 

   古鷹山直下のお地蔵様

 

     岩場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   新しい像3体

 安全登山の像も(右端)

 

 

 

 

 

    逆コースの登山口

 ソロプチミストの森に出る。 林道歩き