HOME > SOFTWARE

うお〜ズ

ジャンル: アクション
メーカー: トーワチキ
発売日 : 90.10.05



文字通り、魚のゲームです。弱肉強食のサバイバルアクション。

プレイヤーの魚は、大きい魚に食べられないように逃げながら小さな魚をパクパク食べていきます。小さい魚はふらふらと泳ぎながら無数に出現し、大きい魚は一匹しか登場しませんが、直線上にプレイヤーの魚がくると凄い勢いで襲ってきます。スピードが速いので、障害物の影にでも隠れないとあっという間に食べられてゲームオーバー。おそろしい。小さな魚を目標数だけ食べると次のステージへ進むことができます。

とにかく生き残るためには、ちょっとしたコツと慣れが必要。小魚を食べるときは障害物をはさんで大魚との距離をとりましょう。水面からはジャンプできるので、海面近くならこれで大きな魚をかわすこともできますが、海上にもカモメや猫といった天敵がいるので要注意。また、人間であるダイバーは、魚の戦いなどには無関心らしく、ただ泳ぐだけの中立的存在です。海中で唯一味方といえるのはタコで、プレイヤーが触れると画面の色が反転し、その間は大きな魚が追ってこなくなります。

最初のうちは即ゲームオーバーになりがちですが、コツを掴むと結構あっさりとクリアできるようになります。焦らずに地道に小さな魚を食べていくのが基本。ただしレベル2からは一定時間小魚を食べずにいるとノルマ数がどんどん増えていくため、スピードも重要となります。

ラストシーンではデカ魚と一対一の戦い。この場面に限って、横か後ろからなら大きな魚に食いつくことができます。しかし横から特攻すると、逆に食べられてしまう危険が大きいので、いかにして後ろに回りこむかが攻略の鍵となります。自分より大きな魚にも喰らいつく、そのガッツに感動(?)。

あまりに死にやすいため開始早々投げ出したくなるゲームですが、慣れると意外に楽しめます。しかも結構クセになる。ただし、コンティニュー時にいちいちパスワードをいれなおさなければならないのは面倒な点です。

主人公の魚はステージが進むごとに少しずつ成長して大きくなってくのですが、大・中・小という優劣の差は結局変わらないのが、いかにも海の世界という感じです。

むずかしさ:★★★★☆ 最初は難しく感じますが、意外と早く慣れるでしょう
セーブ機能:★★☆☆☆ パスワードあり

BACK