HOME > SOFTWARE

ソロモンズ倶楽部

ジャンル: アクション
メーカー: テクモ
発売日 : 91.04.05



 ファミコン版で好評を博したパズルゲームのGB版。

 立派な魔法使いを志して、少年ダーナが全50面+αの魔法使い試験に挑戦します。ステージのどこかにある鍵を取ってから、ドアまでたどり着けばステージクリア。ただし敵や炎に触れると一発アウトです。ダーナは魔法でブロックを自由に出したり消したりできるので、新しくブロックを作って足場にしたり、壁代わりにして敵を避けたりしながら、障害物をくぐりぬけていきます。敵が乗っているブロックを消して、落下させれば敵を倒すこともできます。

 後にでたGBC版とは異なり、画面内に全体がおさまるステージ構成。しかし一画面でもちゃんと頭を使うようになっているのはさすがです。全体像が見えるというのはパズルとして実にフェア。FC版との違いとしては、挑戦するステージを自由に選ぶことができる、ジャンプが上ボタンでなくAボタンになった、新登場の「ショップ」でスコアと引き換えに便利なアイテムを買うことができる、といった点が挙げられます。アイテムなしではクリアできない、ということは一切ないので、ショップはあくまで救済用。腕に覚えのある方はアイテムなしで挑戦することをオススメします。

 「ソロモンの鍵」は、パズルにしては攻略の自由度が高いゲームで、攻略法に融通が利くため、クリア方法がひとつに限りません。力押しができる余地も残されていて、たとえば天井の低い場所で穴を飛び越したいとき、あらかじめブロックを作っておいて無理なく渡る方法もあれば(少し考える必要アリ)、ギリギリのタイミングでジャンプして飛びこすこともできます(ただしタイミングはシビア)。このような作りはパズルとして邪道ともいえますが、それ以上にストレスなく遊べることに大きく貢献しています。

 頭を使うパズル要素や、アクションの小気味よさ、攻略法の幅広さが上手いこと合わさって、パズルアクションのお手本ともいえるような良作です。1画面構成やステージセレクトなどの携帯機向きアレンジも嬉しいところ。難易度はほどほどですが、初見ではやはり頭を捻る場面も多々あります。いくつ先までブロックを出し消しできるか、特殊な敵はどう対処するか、主人公ができることを知ることがクリアへの第一歩です。

 GBCで同システムの「ソロ・モン」が出ていますが、ステージ構成などは別物です。

むずかしさ:★★★☆☆ ストレスなく進められる難易度、アイテム救済もあり
セーブ機能:★★☆☆☆ パスワードあり

BACK