HOME > SOFTWARE

ロックマンワールド5

ジャンル: アクション
メーカー: カプコン
発売日 : 94.07.22



 ロックマンが活躍するアクションゲーム、5作目にしてシリーズ完結編。

 4度目のDr.ワイリーの世界征服をくいとめてから数ヵ月後。今度は宇宙からナゾの戦闘ロボットが攻めてきた。未知なる敵へと立ち向かうロックマンだったが、頼みの武器であるロックバスターがまったく効かずに完敗してしまう。ライト博士によって一命を取り留めたロックマンは、新武器として「ロックンアーム」を装備し、再び平和の為に街へ向かっていった。果たして新たな敵の目的とは!?

 今までのような、ファミコン作品をアレンジ移植した「ロックマンワールド」とはちがって、今作は初の完全オリジナル。ステージ構成からボスキャラ、BGMまですべて新規で作られています。そのせいか少し変則的な雰囲気をもった作品です。

 新武器となる「ロックンアーム」は、ロックバスターと比べると射程距離が小さいかわりにチップを集めると能力を拡張できるという一風変わった装備。前作のチップシステムを受け継いだ形といえます。ボスから手に入る特殊武器も負けず劣らず個性的で、軌道から効果まで似たようなものがありません。なにげに接近戦を誘っている武器が多め。どれもクセが強いですが、そのぶん武器を選択する楽しみがあります。新サポートキャラの「タンゴ」も登場して地上攻撃を担当してくれますが、こちらは正直扱いにくい。

 ストーリーや世界観なんかも、今作は従来のものと一線を画しています。ロックマンといえばやはりボスが魅力的ですが、そのボスの名前からしてシリーズの「お約束」をやぶっていますし、実際に遊んでみても、ギミック感あふれる敵やステージ構成に今までない手ごたえを感じます。

 このように本作はいたるところで「オリジナル」を強調した作りがみられます。その姿勢はもはや挑戦的といっていいほど。しかし、決してこれまでの作品をないがしろにしているわけではなく、実際に遊んでみれば、本作はむしろシリーズの集大成としてのオリジナル作品ということがわかるでしょう。

 シリーズの完結編というと、お茶を濁しただけの作品も、いたずらに世界観に終止符をうった作品もあります。しかし、「ロックマンワールド5」はそのどちらでもなく、前作までの流れを汲みながらも最初で最後のオリジナル要素にもこだわって、今までにないほど濃い作品に仕上がっています。アクションゲームとしての完成度も高く、ボスや物語にもシリーズのまとめを盛り込んで見事に有終の美を飾りました。若干クセは強いですが、傑作と呼ぶのにふさわしい出来です。

 ロックマンワールドはいわば「本家」ではありません。しかし、本作がこれほど理想的な「完結」を迎えられたのは、むしろ本家とはちがった位置にある作品だからこそなのかもしれません。


むずかしさ:★★★★☆ 安定感のある難しさ、ゲームオーバーが続くと救済措置もあり
セーブ機能:★★☆☆☆ パスワードあり、図形なので少々面倒

BACK