HOME > SOFTWARE

Q*bert

ジャンル: アクション
メーカー: ジャレコ
発売日 : 92.01.14



 アーケード生まれのアクションパズル。

 ひょっとこみたいなQ*bertを操って、キューブで構成されたステージの床をすべて指定された色に塗り替えることが目的のゲーム。床の色はQ*bertが乗ることで変化しますが、敵もステージ上でぴょんぴょん跳ね回っているため、ぶつからないように注意しなければなりません。アイテムも同じように跳ね回って登場するため、敵と紛らわしい。

 床の変化パターンはステージごとに異なり、序盤では一度乗るだけで目的の色になりますが、ゲームを進めていくと2回乗らないと目的の色にできない床や、もう一度乗ると元に戻ってしまう床が登場します。手数やルートを考えなければならないぶん、パズル感覚がいっそう強くなります。進むごとにステージはだんだん広くなり、さらに床の色を変えてしまう敵も登場するのでなかなか大変。セレクトボタンを押すとステージ全体を確認できます。

 単純ながら一筋縄ではいかないゲームで、クォータービュー・斜め移動というのも操作ミスを誘発しがち。敵に当たるだけでなく、うっかり床がない方向に跳んでもアウトです。スローで見せつけられる落下姿がシュール。敵を倒す方法にしても、“敵をひきつけておいて、落ちると見せかけ、下に浮いている円盤に乗って自分だけ助かる”という変わった撃退方法。そもそも操作するQ*bertからして「あんたナニ?」と突っこみたくなる変キャラで、ゲーム性以上にシュールな世界観が特徴的な作品。

 ミョーな雰囲気作りに一役買っているのが、Q*bertのしゃべる言語。基本的に言っている意味はわかりません。ゲームオーバー時は「バイバイ」と分かりますが、ミスした時はなんといってるのか気になるところです。悲鳴、遺言、捨てゼリフ、プレイヤーへの恨み言…。

むずかしさ:★★★☆☆ 中盤からはゲームスピードがアップ
セーブ機能:★☆☆☆☆ セーブもパスワードもなし

BACK