HOME > SOFTWARE

パックインタイム

ジャンル: アクション
メーカー: ナムコ
発売日 : 92.07.24



 宿敵「アビラス・ネッター」に過去の見知らぬ土地まで飛ばされてしまったパックマンが、元の世界に戻るため冒険に出るアクションゲーム。

 広く知られる見下ろし型パックマンではなく、サイドビューのステージを突き進んでいくアクションゲームです。ただ右方向へと進めばいいわけではなく、さまざまな仕掛けやトラップを突破しながら、ゴールを探していかなければなりません。途中に設置されている“魔法のリング”をくぐると、4つの特殊能力――ブロックを壊せる『ハンマー』、ぶらさがる『ロープ』、弾を撃つ『ファイア』、泳げる『スイム』――が身につくので、これらを使いこなすことがクリアのカギです。

 ステージ構成から操作感にまで、洋ゲーの雰囲気がバリバリに漂っており、出現する敵やトラップがなかなか不気味で陰湿です。とりあえず初見なら死んでください、といった態度。パックマンの挙動も、軽快かつ慣性がついていて、かなり独特。戸惑いは多いですが、慣れるとスムーズに感じられてきます。ロープアクションは単純に楽しめるかも。

 ゲームとしては謎解きに重点を置いていて、仕掛けを解かないとニッチもサッチも進めない場面によく遭遇します。悶々と悩まされることもありますが、特殊能力の使い道を考えてみると意外な道が開けるかもしれません。ステージ自体は比較的短く、ゲームテンポは良好。ちなみにステージに散らばっているドットは、とくに集めなくても先に進めます。

 終始パッケージイラストに似合わない陰険なステージ構成で進行しますが、“冒険”している感はなかなか高めです。死と隣りあわせという意味で。しかし極端な理不尽さはなく、コンティニューも容易で、意外と丁寧で遊びやすい。サウンドも良い具合に仕上がっていて、洋ゲーながらオススメできるパズルアクションです。

 SFC版と同時発売されていて、そちらはドットを全て取らないと次へ進めないほか、アクション性を重視した作品となっています。


むずかしさ:★★★★☆ 陰険なトラップは多め、ただし極端に難しくもなし
セーブ機能:★★☆☆☆ パスワードあり、SFCとは異なり1ステージごと

BACK