HOME > SOFTWARE

モンスタータクティクス

ジャンル: RPG
メーカー: 任天堂
発売日 : 00.11.21



 新機軸の「かくれんぼバトルRPG」です。

 5年ぶりに開かれることになったモンスターハンディング大会。ハンターたちは競いあってダンジョンに潜っていき、モンスターを倒した証拠となる「モンタク」(=モンスターの魚拓)を持ち帰る。一番大きくて強かったものが優勝だ。ギュンター道場で修業する主人公ケビンも、大会に出場してランキング上位を目指すことになる。

 ハンティングの舞台となるのは、見下ろし型の真っ暗なダンジョン。主人公チームと相手チームは交互に行動を繰りかえしながら、相手のメンバーを探して倒していきます。このゲームでは、視界=暗闇を照らすライトのようなもので、数歩先までしか届かないうえに障害物の影も正面からしか見ることができません。そのため1マスの影に潜んだ敵がわからないこともある。一方で、こちらが発見したときは、相手の視界に入らないかぎり、たとえ真後ろにいても相手はこちらに気がつきません。自分チームの姿を隠しつつ、相手を見つけ出すことが第一のポイントです。

 基本となる戦法は、ヒット&アウェイ。発見した敵を攻撃したら即逃げましょう(もしくは隠れる)。1ターンで動かせるキャラは一人だけ、攻撃は一度きり、移動もゲージぶんだけと、行動にはかなり制限があるので、敵を見つけても逃げられる余裕がなければ、そのターンは攻撃しないこともひとつの戦略です。とくに敵の視界にはいったところで時間切れになるのは最悪だと認識しましょう。障害物の影に潜むだけでなく、敵と距離をとるだけでも「かくれんぼ」になることを知るのが第二のポイントです。

 そして、かくれんぼバトルの醍醐味は複数メンバーで戦う「チーム戦」にあります。それぞれのキャラは攻撃に対しての「弱点」があるので、戦いの相性を考えながらメンバーを配置します。一ヶ所に固まらないように、しかしフォローはできるように、さらに監視も兼ねて動きます。フィールドはかなり広いので、敵がどのあたりにいるのか推測をたてながら行動するのも重要。チームの連携を考えることが最後のポイントです。

 「かくれんぼバトル」がズバリ本作の核心となるこのゲーム。暗闇のなかでの戦いやじりじりとした緊張感は、他のゲームにない魅力があります。しかし物語ははっきりいって子供だまし未満。ついでにCOM戦では、心理戦というイメージが伝わりづらいところも欠点でしょうか。とりあえず本作の面白さを十分に味わうためにはパーフェクト狙い(味方を一人も倒されないで、敵をすべて倒す)をオススメします。むしろノーダメージを狙うくらいのほうが、本作に秘められた面白さを引き出せるはずです。

 入手した「モンタク」はポケットプリンタで印刷することができるのですが、ちゃんと大きさも違って印刷されるのが地味に嬉しいところ。


むずかしさ:★★★☆☆ EDを見るだけなら難しくありません、パーフェクト狙いを推奨
セーブ機能:★★★☆☆ セーブひとつだけ

BACK