HOME > SOFTWARE

レッドアリーマー

ジャンル: アクション
メーカー: カプコン
発売日 : 90.05.02



 「魔界村」で敵キャラとして登場したレッドアリーマーが主役のアクション。魔界を壊滅状態に陥れた謎の大軍団に、レッドアリーマーが立ち向かう。

 アクションゲームながらRPGの要素を取り入れており、普段は町を移動したり住民と話したりしながらゲームを進めていきます。レトロゲーム的な淡々とした会話が、魔界の雰囲気と妙に合っている。フィールドを歩いていると戦闘になるのもRPG風ですが、敵との戦いはアクションで行われます。エンカウント率が高めなので少し面倒。相手を全滅させると手に入る”たましい”は、集めると町で”やみのちから”(1UP)と交換することができます。

 フィールドの特定の場所にくると、ステージクリアー型のアクションパートの開始です。敵キャラだけでなく、針だらけの足場や高い壁が待ち構えているあたり、さすが魔界。人間(アーサーなど)には絶対通れないステージ構成ですが、レッドアリーマーは浮遊できる「ホバリング」と壁にはりつく「ヘルクライム」で、先へと進むことができます。大きな翼も鋭い足のツメも伊達じゃありません。

 このヘルクライム&ホバリングを使いこなすことが本作の醍醐味です。ホバリング中にAボタンを押すと一旦落下しますが、浮遊メーターが残ってれば、再びAボタンを押すことでホバリングを再開することができます。これにより階段状のトゲ床を通過したり、飛距離を伸ばすことが可能。ヘルクライムを連続で使えば壁を垂直にのぼることができ、さらに物語中盤で入手できる「クロー」を使うと、トゲ壁にボールをくっつけて、そこにも張り付けるようになります。ただし効果は数秒だけ。技の複合とタイミングが肝となっています。

 難易度はやや高めですが、アクションバランスは絶妙。物語を進めることでパワーアップしていくのも、基本シビアなゲームなだけに有りがたみが大きいです。体力が2しかない序盤が、一番神経を使うところかもしれません。

 カプコンの作品のラベルには発売順でナンバーが印されています。本作は記念すべき参入01番目にして、高い完成度をみせつけてくれる作品です。


むずかしさ:★★★★☆ 難しい、と感じつつも意外と進んでいける難易度
セーブ機能:★★☆☆☆ パスワードあり、ひらがな8文字

BACK