HOME > SOFTWARE

リトルマジック

ジャンル: パズルアクション
メーカー: アルトロン
発売日 : 99.11.26



 見下ろし型のアクションパズルで、SFCからのリメイク作品です。

 魔法使いの見習いメイが、卒業試験のために知恵を絞ってパズルに挑みます。敵やトラップが配置されたステージのなかで、「魔法石を特定の位置におくこと」「自分がゴールに行くこと」の両方を満たせばステージクリア。条件は片方だけ満たしてもクリアにはなりません。魔法石は押してもいいけど引いちゃダメな、いわゆる「倉庫番」に近いゲームですが、主人公が使える「小さな魔法」がさらに頭をひねらせる要素となっています。

 Aボタンを押すと、主人公は「魔法球(泡)」を目の前に作り出すことができます。魔法球が破裂すると、その衝撃で隣接する魔法石や別の魔法球が1マス動きます。魔法球は3段階までの大きさがあり、主人公が最大を超えて膨らませると破裂、または放っておくと自然と小さくなって破裂します。この魔法球の使いこなしがゲームのポイント。魔法球は同時に複数作ることも可能です。

 ステージ内は、移動できない水辺や障害物などで構成されているので、メイ自身では魔法石を特定の位置まで運べません。そのため魔法球を駆使して魔法石を移動させていくことになります。手順としては、魔法球を作る→魔法球を押す→新しい魔法球を作る→新しい魔法球を破裂させる、で3マス先まで魔法球が移動します。また、魔法球のサイズを利用して、大きい魔法球を作る→その隣に小さい魔法球を作ることで、破裂までの時間差で魔法球を移動させることもできます。説明するとややこしいですが、ステージの順で遊べばテクニックは自然と身につくようになっています。

 もともと海外のゲームだけあって難易度は高く、時間差を利用するため手順だけではクリアできない難しさがありますが、段階的にテクニックを覚えられるステージ、いつでも止められるオートセーブ、何度でも挑戦できる無限コンティニューという仕様をそろえて、良質なパズルアクションに仕上がっています。一見無理そうなステージでも、何度か挑戦しているうちにクリアできるようになっている。これもまた小さな魔法かもしれません。もとのSFC版と比較すると、グラフィックが一新されているほか、ステージ構成にちょびっとだけ変更箇所があり、ちょびっとだけ難しさアップ。パズル好きにはぜひチャレンジしてほしい作品です。

 クリア後は意外なあの人を操作するエキストラステージも遊べます。


むずかしさ:★★★★☆ やや難しい。時間差を利用しないとクリアできない場面も。
セーブ機能:★★★★★ 3つセーブ可能

BACK