HOME > SOFTWARE

キッチンパニック

ジャンル: アクション
メーカー: ココナッツジャパン
発売日 : 91.05.11



 神様に小さくしてもらった少年が、ママを困らせる害虫たちを撲滅するアクションゲーム。

 虫とおなじサイズまで縮んだ主人公は、等身大となったハエやらゴキブリやらにマジックスプレーを吹きつけて退治していきます。規定数の虫を倒すとドアが出現して、それをくぐれば次のステージへ。いつまでも沸いてくる虫たちは無視して……放置してドアへ進んで構いません。

 キッチンに巣くう害虫たちは、その挙動がいちいち気持ち悪いです。のそのそした動きや、いきなり飛びたつ唐突さが、現実に覚えのあるイヤらしさ。思わずスプレーをにぎる手(Bボタン)に力が入ります。よく見るとコミカルを目指した虫たちなのですが、その動きのせいで嫌悪感が先に沸き立つことしばしば。油断ならない動きをするので、迂闊に近づくとダメージを受けてしまいます。

 できることなら近寄りたくない虫たちばかりですが、頼りのスプレーは射程範囲がかなり小さめです。しかも霧散するので離れた敵には届きません。スプレーを当てるために、イヤでも虫たちに向かっていく必要に迫られます。近づきたくないけど近づかないといけない、絶妙な射程距離がニクイ。何度かスプレーを当てないと倒せない虫もいます。

 敵を倒すと、ときどき現われるマークつきのブロックは、蹴飛ばすと滑っていって虫を潰してくれます。離れた場所から、まとめて倒すこともできる便利なブロック。飛び道具を撃ってくる虫にも有効です。さらに3つ繋げると、揃えたマークによって点数が加算されたり、無敵になったりといったボーナスもつきます。

 各ステージの最後で待ちうけるボス戦では、戦いの前に神様から「アイテムセット」を貰ってパワーアップ。セットは4種類の中から選ぶことができ、スプレーの種類や移動速度などの能力が変わります。“攻撃力2倍になるかわり、受けるダメージも2倍”といった風で、どのセットを使うか迷わせてくれます。

 簡単そうに見えるゲームですが、スプレーの短さやらキャラの動きの軽快さやらで、けっこうミスを誘発させられます。その一方で、特定の箇所でスプレーを使うと出現するボーナスゲームや、ルーレットのようなブロック、セットを選んで戦うボス戦など、ちまちました楽しみが用意されています。“一定数の敵を倒せばクリア”というよくあるデザインのなかで、細々とした工夫により楽しませてくれる作品。

 しかし虫のコロリとした死に方というのは、倒してもなんだか情けない気分が残ります。

むずかしさ:★★★★☆ 簡単そうにみえて、なかなか手強いところも
セーブ機能:★☆☆☆☆ セーブもパスワードもなし

BACK