HOME > SOFTWARE

コトバトル 天外の守人

ジャンル: RPG
メーカー: アルファドリーム
発売日 : 01.03.09



 モリビトとなった主人公がコトダマの力を借りて戦っていくRPG。カードバトルとRPGが合体したようなゲームです。

 コトダマの力に満ちた「テンガイの世界」。国を守るコトダマ使い「モリビト」となるために、主人公が最終試験を受ける場面から物語は始まります。ストーリー開始と同時に戦闘システムを教わるようになっているので、説明書を読まずに始めても問題なし。妙なノリのキャラクターが多く、なぜか語尾にハートマークをつける人物が多いです(男女問わず)。

 このゲームの目玉は、コトダマを使った戦闘システムにあります。基本はカードバトルと同じで、漢字一文字が書かれたコトダマ(カード)を20枚装備して戦います。ターン制ではなく、タイムコストが0になったキャラから行動を起こすというシステムで、強力なコトダマほどタイムコストは大きくなります。

 コトダマには「モンスター」「アイテム」「魔法」という3種類の使い方があって、「モンスター」でモンスター召喚、「アイテム」でモンスターに武器を装備、「魔法」で直接効果を起こすことができます。マスターとなる主人公が後列に立ち、モンスターは前列に3体まで呼べる。モンスターがいない前列への攻撃は、そのままマスターへのダメージとなり、HPが0になるとゲームオーバー。ストーリー中では、対人戦とモンスター戦の2種類の戦闘が行われます。

 ここまでは普通のカードバトルですが、メインとなるのはコトダマを繋げて起こすコンボ。このゲームでは出したコトダマが履歴として4つまで残るのですが、そのうち熟語を作っているものは、それをコンボとして使うことができるのです。例えば「火」と「力」を合わせて「火力」(モンスターに攻撃の魔法)のコンボ。「炎」と合わせれば「火炎」のコンボ、「車」と合わせれば「火車」のコンボといった具合。このシステムが面白く、多少ムリをしてでもコンボを作ってみたくなります。「花鳥風月」や「風林火山」など作るのが難しいものもありますが、そのぶん効果も強力です。

 とにかくコトダマバトルが魅力の作品。ただ通常の敵(ザコ)相手にも同じバトルをするのは、面倒でもあるかもしれません。他の低年齢層ゲーム群の中に埋もれてしまった作品ですが、アイディアでは他より頭一つぶんくらい抜き出ています。作りも丁寧なので機会があればプレイしてみることをオススメします。

 対戦ではレベル設定もできるので、純粋にカードバトルが楽しめます。しかし全体マヒ攻撃は強すぎる気が…。

むずかしさ:★★★☆☆ 戦略も大事ですが、レベル上げも忘れずに
セーブ機能:★★★☆☆ ひとつセーブ可能

BACK