HOME > SOFTWARE

カエルの為に鐘は鳴る

ジャンル: アクション
メーカー: 任天堂
発売日 : 92.09.14



 タイトルからして、パロディ満載のアドベンチャーゲーム。

 主人公サブレ王子とリチャード王子はライバル同士。あるとき二人のもとに、ティラミス姫が治めるミルフィーユ王国が悪の大魔王デラーリン率いるゲロニアン軍占拠されてしまった、という報告が入る。二人はデラーリンを倒して姫を救出するために競い合うように出発するが…。

 あらすじをみると一見王道ファンタジーのようですが、実際にはドタバタ活劇という雰囲気でストーリーが展開します。テンポよく進行する物語や、吹き出しで表示されるセリフ、キャラクターがちょこちょこと動き回る様子は、まるでコミック。全体的に任天堂らしからぬノリのギャグ(パロディ)が炸裂しています。

 通常はRPGのように俯瞰画面で移動しますが、ダンジョン内ではサイドビュー画面に切り替わって進行します。ストーリーの途中、サブレ王子は水に触れることで「カエル」に、卵を食べることで「ヘビ」に変身する能力を身につけます。ダンジョン内ではこの変身能力が重要な役割を果たし、ジャンプ力が強い「カエル」と、狭い道を通ったり敵をブロックに変えることができる「ヘビ」の能力を使い分けながら、道を切り開いていきます。アクションというよりはパズル要素のほうが強め。

 敵との戦闘はオートで行われ、勝敗はステータスの強さのみで決まります。ステータスはアイテムで上げることができ、それらはマップを歩き回らないと見つかりません。レベルなどは存在しないので、要するにアイテムを手に入れていなければ倒せないという一種のフラグ判定。勝てないと思ったら逃げるが吉です。

 外見はアクションRPGのようですが、実際はストーリーがメインのアドベンチャーゲーム。ストーリーは、コミカルながらシリアスな場面や、温かみを感じさせる場面もあって非常に良質。テンポ良く進むシナリオを、合間に簡単なパズルやアクションを挟みながら楽しめるゲームです。

 ちょっとお約束をやぶったパターンは、任天堂のアドベンチャーに意外と多め。

むずかしさ:★★☆☆☆ テンポよく進めることができます
セーブ機能:★★★★☆ ふたつセーブ可能

BACK