HOME > SOFTWARE

カード&バトル カードヒーロー

ジャンル: カード
メーカー: 任天堂
発売日 : 00.02.21



 トレーディングカードの醍醐味であるトレードとバトルを中心に独特のルールを組み込んだカードバトルゲーム。

 主人公も大はまり中の人気アニメ「カードヒーロー」。それを題材にしたカードゲームが発売され、主人公は幼馴染のクミちゃんと一緒にカードヒーローを始めることになります。

 「カードヒーロー」ではジュニア・シニア・プロと3種類のルールがありますが、ターン制で相手マスターのHPを0にすれば勝利というのは共通。ターン毎に3つ手に入るストーンを使って、モンスターを呼び出したり敵を攻撃したりします。ストーンはモンスター呼び出し以外にも用途が広く、入手できるタイミングも様々。モンスターがやられた場合も還元されるので、その辺も考慮が必要です。

 また、レベルアップのシステムにより敵を倒したモンスターは格段に強くなります(レベルアップしないものもいますが)。しかし、高いレベルのモンスターを倒したモンスターは、さらに強くなるという仕組みになっており、不利な状況から一発逆転のチャンスが生まれることもあります。最後の最後まで気が抜けません。全体的にかなりの戦略的思考が求められます。

 カードゲームは複雑そうに見えるものですが、カードヒーローでは初心者でもすんなり入れるゲームになっています。理由の一つはストーリー全編が親切なチュートリアルとなっているから。最初は簡易ルールから始まり、段階を踏んでルールとセオリーを覚えていけるので、ストーリーが進むにつれてルールが複雑になっても混乱することがありません。ゲームクリアーする頃には、本格的なルールでも楽しめる実力が自然に身についています。

 もう一つの取っ付きやすい理由は、視覚的にも分かりやすいからです。扱うのはカードですが、ゲーム画面ではキャラが実際に戦う様子を見ることができます。メッセージなどで説明されるよりはるかに分かりやすく、イメージとしてゲーム概要をすんなり理解できます。また、状況が一目で分かるような構図なので戦略を練るにも適しています。さらにキャラの配置自体が戦いにおいて重要となっているのも、このゲームの特徴のひとつでしょう。

 カードゲームの魅力を簡潔にまとめ、ストーンやレベルといった設定などで絶妙なバランスをとり、強力なCPUルーチンで1人対戦も熱い。かなり中毒性の高い作品です。しかしフィールドでの移動は遅く、プロルールの戦いでもコンピューター思考にかなり時間がかかります。全体的にテンポが遅いことが唯一にして最大の欠点でしょうか。それを補って余りあるゲームではありますが。

キャラクターの外見はかなりシンプルですが、テキストには割と毒気が含まれています。


むずかしさ:★★★☆☆ クリアまでは普通、クリア後から強敵出現
セーブ機能:★★★☆☆ 1つセーブ可能、オートセーブ

BACK