HOME > SPECIAL
キャラクターの意外な関係性


作品の枠をとびこえた、意外な関係や設定を紹介しています。一部ネタバレ注意


作品名 曲名
エビス丸 FC「がんばれゴエモン2」で初登場したエビス丸は、その最後に“女性”だと明かされた……が、その後のシリーズではなかったことにされた(「消えた黄金キセル」でゴエモンと初対面にもどる)。製作者曰く「でも、そのあと無かった事にしたんよ。また2P考えなあかんからなぁ。」byゴエモン資料館
コッパ SFC「風来のシレン」で登場したコッパは、”シレンと半年前に出会った”ことになっているが、これはN64「風来のシレン2」の物語と矛盾する。リメイク「風来のシレンDS」でもこの設定は変わっていない。
じゃじゃ丸 「じゃじゃ丸シリーズ」のじゃじゃ丸くんは、FC「忍者くん」の主人公・忍者くんの弟
スーパー・ジョー 「バイオニックコマンドー」「ヒトラーの野望」に登場するスーパー・ジョーは、「戦場の狼」「トップシークレット」の主人公。
ソニア・ベルモンド 「悪魔城ドラキュラ漆黒たる前奏曲」のソニア・ベルモンドは、「ドラキュラシリーズ」のベルモンド家最初の人物とされていた……が、公式のストーリー年表ではなかったことにされた。
ドラキュラくん 「悪魔城すぺしゃるぼくドラキュラくん」のドラキュラくんは、「悪魔城伝説」のボス・ドラキュラ伯爵の息子。
ドンキー(初代) 「ドンキーコング(初代)」のドンキーは、マリオの“ペット”。「スーパードンキーコング」では、クランキーコングにあたる。
ドンキー(スーパー) 「スーパードンキーコング」のドンキーは、「ドンキーコング(初代)」のドンキーの孫。
ペン太郎 「パロディウスだ!」のペン太郎は、「けっきょく南極大冒険」のペンギンの息子。
ポリーン 「ドンキーコング」のポリーンは、マリオの“昔の彼女”。by公式ガイドブック
ホリススム 「ミスタードリラー」の主人公ホリススムは、「ディグダグ」の主人公ホリタイゾウの息子。
ボンバーマン 「ボンバーマン」のボンバーマンは、もとは「ロードランナー」に出てくる敵ロボット。初代ボンバーマンは、EDでボンバーマンがロードランナーになるという物語。また、「ロードランナー」「チョップリフター」「バンゲリングベイ」は世界観が共通している。
ヤコプ 「トリップワールド」のヤコプは、後に「ギャラクシーファイト」という作品でも登場した。このプロフィールでは、本名が「ゴージャス・シャブブ」、家族構成が「父と母」となっていて、ゲームボーイでは(明確には)語られなかった裏設定を匂わせている。
リンク 「ゼルダの伝説シリーズ」のリンクは、同一人物とは限らない。ただし、「神々のトライフォース(SFC)」→「ふしぎの木の実(GB)」→「夢をみる島(GB)」は同一人物。byハイラルヒストリア
レッドアリーマー 「レッドアリーマー」の主人公は、「魔界村」にでてくる中ボス。


出典元が書いていない情報は、説明書かゲーム中で確認できます。


BACK