HOME > SPECIAL
ゲームボーイの機種比較


「GBソフト」を遊ぶ場合の、各機種における操作性・画質・音質の特徴をまとめてみました。
かなり主観が入っているので参考程度に。(はっきりとは比べられないものも多かったです。)

【評価順】A+>A>A−>B+>B>B−>C+>C>C−>D>E

※スーパーゲームボーイとゲームボーイプレイヤーは別枠として評価。
※ニンテンドー3DSシリーズの画面は一長一短なので幅のある評価。


名称 ボタン 画面 音源


初代ゲームボーイ
 余裕のあるサイズで、ボタンが押しやすい。スタート・セレクトが斜めになっている。かなり安定した操作性で遊べる。  今から見ると「よくこんな画面でやってたな」と思うかも。黄緑がかった画面で、コントラスト調整は自分で行う必要がある。電池残量が少ないと画面が薄くなる。ライトなし。  もっとも力強い音がでる。後機種は音が軽くなったりノイズがはいったりするので、結果としてこれが一番音が良い。ヘッドホン使用がオススメ。電池残量の影響を受けやすいのも特徴。


ゲームボーイポケット
A+ 十字ボタンの溝が大きくて、グリグリ動かしてもストレスがない。スタート・セレクトもちょんと押すだけで反応する。玩具っぽいボタンだけど、操作性はおそらくここがピーク。  初代より視認性が良くなった。しかしカラーと比べると越えられない壁がある。画面が白黒に近づいた。コントラスト調整はやはり自分で行う。ライトなし。  初代ゲームボーイと比べると音が軽めにでる。ノイズが入らないぶん、カラーよりはクリアに聴ける。


ゲームボーイライト
A− ポケットに似ているが、溝が小さくなったせいか、少し押しにくくなった。ボタンの手触りが妙にすべすべ。 D+ ポケットとほぼ同じだけど、バックライトがついているぶん、こちらが優位。ON/OFFできるバックライトはこれだけ。  ポケットより高い音がでる。ノイズが入らないぶん、カラーよりはクリアに聴ける。


ゲームボーイカラー
B+ 従来よりボタンが柔らかくなった。しかし、実際の操作性はポケットのほうが良い。長く使っているとスタート・セレクトの反応が悪くなりがち。  初のTFT画面でくっきり映る。残像がなくなり、コントラスト調整も必要なくなった。選べる色変更機能も嬉しい。アドバンスと比べるとカラー対応ソフトの色調が自然なのも良い。でもライトはない。 C+ ノイズが入りやすい。とくにヘッドホン使用時は気になる。従来のソフトは一部音が正しく出ないことがある。


ゲームボーイアドバンス
 本体の大きさからすると十字ボタンがやや小さく感じるが、実際には厚みがあって動かしやすい。問題はスタートとセレクトボタンで、サイズと位置が原因で押しにくい。 C− 液晶は大きくなったが、カラーより画面が暗い。加えて、実際の画像サイズはカラーより小さくなってしまう。色変更機能に加えて、ワイド機能がついた。カラーと比べると色調がややキツめ。ライトなし。  カラーとはまた違ったノイズが入る。従来のソフトは一部音が正しく出ないことがある。


ゲームボーイアドバンスSP
C+ アドバンスと比べるとボタンが平らになって押しにくい。一方、レスポンスが良いのは○。スタート・セレクトボタンについては位置は良いもののサイズが小さい。 C+ フロントライトが初搭載された。ON/OFF可能。それ以外の特徴はアドバンスとほとんど同じ。 C− 従来のソフトは一部音が正しく出ないことがある。ただし、直ったものもある。ヘッドホンとアダプタが併用できない点はマイナス。


初代ニンテンドー3DS
 ほとんどのボタンが固くて押しづらい。耐久性もよくない。スタート・セレクトはもはや飾りのよう。十字ボタンは歴代ワースト。8方向操作に使えるスライドパッドだけ利点。 B−〜C− フロントライトよりも視認性が良いバックライトつき。カラー対応ソフトの発色も良い。しかし拡大によって若干ぼやけてしまう。元の画面比率でも遊べるがこちらは小さすぎ。GBプレイヤーまであった色変更機能もないので、全体で見ると一長一短。 A ステレオスピーカーを楽しめるのは3DSシリーズだけの魅力。そして、3DSシリーズのなかで最も音質が良いのがコレ。ただし、バーチャルコンソールは音量調整しにくいという難点がある(ボリュームを最大近くまで調整しないと音が大きくならない)。またSEはオリジナルを再現できていない部分もある。


ニンテンドー3DSLL
 ボタンに大きさと厚みができて、初代3DSよりは操作性がよくなった。スタート・セレクトボタンも少しマシになった。しかし全体で見ると下から数えた方がはやい。 B+〜C− 機能は3DSと同じ。画面サイズが大きくなったことがそのまま長所。携帯機のなかでは最大サイズの画面で遊ぶことができる。  バーチャルコンソールとしての特徴は一番最初の3DSと同じ。しかし、スピーカーが変更されて、初代3DSより音質が落ちている。


NEWニンテンドー3DS
C 十字ボタンがようやくまともになった。スタート・セレクトボタンも押しやすくなった。初代3DSより明らかに操作性がよい。耐久性はGBシリーズと比べるとやっぱり劣る。 B〜C− 機能は3DSと同じ。初代3DSより少し画面サイズが大きくなった。バーチャルコンソールでは3Dブレ防止の恩恵はほぼ受けられない。  バーチャルコンソールとしての特徴は一番最初の3DSと同じ。スピーカーが変更されて、3DSLLよりも音質が良くなった。ただし初代3DSには負ける。


NEWニンテンドー3DSLL
 新3DSと同じようにボタンが改善されて、3DSLLより操作性がよくなっている。新3DSと比べると、ボタンが大きくて距離があるため、操作感はちょっと異なる。 B+〜C− 機能は新3DSと同じ。ただし、初代3DS→新3DSとちがって、3DSLL→新3DSLLでは、画面サイズに変化はない。 B+ バーチャルコンソールとしての特徴は、初代3DSと同じ。音質は新3DSとほぼ同じだが、音量は新3DSよりも大きくすることができる。


ニンテンドー2DS
 3DSシリーズでは珍しい玩具っぽいボタン。グニャグニャした感触だが、3DSシリーズの中ではもっともストレスなく遊べる。しかし独特なので好みはわかれるかも。このボタンはNEWニンテンドー2DSLLには引き継がれなかった。 B−〜C− 3D機能なし。それ以外は、初代3DSと基本的に同じ。画面サイズもまったく同じ。バーチャルコンソールでは、3D機能が無くてもあまりデメリットはない。 C− バーチャルコンソールとしての特徴は初代3DSと同じ。しかし、スピーカーがひとつしかないので、3DSシリーズのなかでは唯一ステレオスピーカーを楽しむことができない。ヘッドホンを使うときはステレオになる。


NEWニンテンドー2DSLL
C− 名称は2DSだけど、ボタンの配置や感触はNEWニンテンドー3DSLLとほぼ同じ。しかし、十字ボタンが少し下方向へ移動して、スライドパッドとの距離が開いた。そのため十字ボタンを使うときは他の3DSシリーズより少しアンバランスになる。 B+〜C− 3D機能なし。それ以外は、NEW3DSLLと基本的に同じ。画面サイズもまったく同じ。バーチャルコンソールでは、3D機能が無くてもあまりデメリットはない。 B− 2DSとちがってステレオスピーカーになった。しかし、スピーカーは下画面側にあり(他の3DSシリーズでは上画面側にある)、音量が小さめ。余談だけどボリュームを大きくすると本体を持つ手にまで振動が伝わってくる。


スーパーゲームボーイ
(A) 基本的にSFCコントローラーは操作しやすい。ある程度、コントローラの種類を選べる自由がある。 (A−) TVのモニターにもよる。色数が少ないのは微妙だが、テレビサイズで遊べるのは一種の魅力。専用フレームがつくのもこれだけ。ドットはオリジナルより若干潰れる。 (B) TVのスピーカーにもよる。ソフトによっては専用の音源がでるという特典がある。1はゲームスピードが少し速いので音楽も速く流れるが、2では修正されている。


ゲームボーイプレイヤー
(C) 基本的にGCコントローラーはクセが強い。ある程度、コントローラの種類を選べる自由がある。ボタンは関係ないが、システム上レスポンスに遅延があるのは欠点。 (A−) TVのモニターにもよる。機能はアドバンスとほぼ同じ。専用フレームはつかない。SGBでは遊べないようなカラー専用ソフトもすべてテレビサイズで遊べる。 (D) TVのスピーカーにもよる。SGBとはかなり違った音が鳴る。質はあまりよくない。



■補足
・あくまでも「GBソフト」を遊んだときの比較です。
・大きさと持ちやすさは評価にいれていません。
・出荷時期によって、機種の仕様は一部異なっている場合があります。いくらか個体差もあります。
・ソフトのジャンルによっても、遊びやすい機種は変わります。RPGだと操作性はあまり問題にならない。
・LRボタン・タッチスクリーン・マイク・ジャイロセンサーは評価にいれてません。


BACK